多くの人の役に立っていると
実感できる仕事は楽しいです

ENGINEER

2018年入社 組込みソフトウェア開発

志望の動機と入社してからの印象は?

入社以来、多くの人に支えてもらったので、次は支えられる人を目指します

私がIT業界を志望したのは、「人の役に立つ自動車」の開発に携わりたいと考えていたからです。大学で、ハードウェアとソフトウェアの基礎を学び、実験などを通じてモノづくりの面白さを知ることができました。数多くのIT企業の中からSky株式会社を選んだのは、「ALL Sky」という言葉と、風通しがいい社風が決め手でした。

選考過程で、社員の皆さんが生き生きと仕事されている様子や社内の雰囲気を垣間見る機会があり、日に日にSky株式会社に入社したいという気持ちが強くなっていたので、内定をもらってすぐに入社を決めました。

入社後の3か月間は、開発職の新人全員でプログラミングの基礎を学びました。研修課題につまずいたときは講師だけではなく、同期のメンバーとも議論しながらお互いに力をつけていき、研修が終わるころには本当の仲間だと思えるようになっていました。研修で丁寧に指導してくださったおかげで、現場配属後もスムーズに仕事に取り組むことができました。

しかし、配属先での会話では今まで聞いたことのない専門的な用語が飛び交い、初めのうちは、わからないことも多くて不安を感じることもありました。そんなとき、上司や先輩たちが気軽に相談に乗ってくれ、問題を解決できるようフォローしてくれました。私たち新人の育成にもチーム一丸となって取り組む姿に、「ALL Sky」の文化が社員の一人ひとりに根づいていることを実感しました。このように、しっかりとフォローしてくれたからこそ、今の自分があります。だからこそ自分も早く一人前になって、次は自分がチームメンバーをフォローしていける存在になっていきたいと思っています。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

自分が作ったソフトウェアが、多くの人の暮らしに役立っていると実感できます

現在は、車載ECU(Electronic Control Unit=電子制御ユニット)のソフトウェア開発を担当しています。自動車を制御するための車載ネットワークに採用されているCANやLINという通信プロトコルを使い、アプリケーションからドライバーまで、幅広い層のソフトウェアの開発に携わっています。やはり開発者ですから、自分が作成したソフトウェアを実機で動かして、意図どおりの動作ができていると確認できたときが一番うれしいです。そして、そのソフトウェアが世間で利用されている自動車に実装され、多くの人の暮らしの中で役立てられていると思うと、とても大きなやりがいを感じます。

自動車には、年を重ねるごとに便利な機能が追加されています。特に近年は、自動車に求められる安全性や品質のレベルが高まっているので、開発の初期工程である要求分析の段階で、今回追加する機能により車両全体に影響を及ぼさないかを分析することが大事になります。車両への影響をすべて調査して問題がないことを確認した上で、設計や実装を行うのですが、一つの設計ミスによって車両の安全性を損ねることもあるため、慎重に作業を進める必要があります。

私のチームの先輩たちは、とても深い知識を持っている人が多く、わからないことがあればすぐ相談できるので、曖昧な部分が一つもないように常に相談しながら作業を進めています。今はまだ先輩たちを頼る場面も多いですが、一つひとつの作業の経験を通じて知識を蓄えていき、「人の役に立つ自動車」が作れるシステムエンジニアになりたいと思っています。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

上司や先輩がよく見てくれているので、高いモチベーションで取り組めます

コミュニケーションが活発で、活気にあふれています。入社前は、ソフトウェア開発に携わる会社では、個人個人がPCに向かって黙々と仕事をしているイメージがありました。しかし、Sky株式会社に入社して、そのイメージが大きく変わりました。みんなが積極的にコミュニケーションを取っています。むしろ、Sky株式会社では、コミュニケーションなくしては仕事が成り立たないと言ってもいいくらいです。

対面以外のコミュニケーション方法として、「Skyなう」というツイッターのような情報共有ツールがあり、全社員がリアルタイムで情報を共有しています。そこでは業務の連絡や報告だけではなく、社長や役員、各部門の長が今感じていることや考えていることも投稿されているので、多様な視点の考え方に触れて毎日刺激を受けています。

加えて、一人ひとりの成果を認めてくれる風土が根づいていると思います。メンバーの頑張りをしっかりと見てくれていて、私が任せられた仕事を成し遂げたときも、上司がすぐに褒めてくれました。単純なことですが、その一つひとつがモチベーションとなり、チーム全体の仕事のクオリティに反映されているのだと思います。もちろん、仕事がうまくいかず失敗してしまうときもありましたが、どうして失敗したのか、次はどうすればうまくいくかを相談に乗ってくれたことで、失敗をただの失敗に終わらせず、次の仕事につなげることができました。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、メール・ブログチェック、作業内容確認
  • 9:15開発業務(要求分析/設計)
  • 11:45昼休み
  • 12:30開発業務(要求分析/設計)
  • 16:00内部レビュー・指摘対応
  • 17:00日報作成
  • 17:30退社
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

先輩たちのフォローを受けながら、多くの経験を積ませてもらっています

「ALL Sky」という言葉のとおり、社員の一人ひとりが協力し合い、チーム一丸となって仕事に取り組むところが好きです。Sky株式会社では、個人で行う仕事は少なく、多くの場合はチームで仕事を進めます。周りには優秀な技術者がたくさんいて、誰かが困っていればチームメンバー同士で支え合って問題を解決し、着実に成果を出しています。もし、自分のチームだけでは解決できない場合には、ほかのチームの知見を持つ人も巻き込んで仕事ができるため、チームの枠を越えた横のつながりが非常に強いことも特長だと思います。また、私のような若いメンバーにも責任ある仕事を任せてもらえるので、上司や先輩たちにフォローしてもらいながら、たくさんの経験を積むことができました。

「改善文化」が根づいているのも、Sky株式会社の魅力の一つだと思います。社員一人ひとりが、小さな改善を少しずつ積み重ねることで、それがチームの成果となり、会社の大きな業績アップにつながっていると感じています。

どんなことでも現状に満足することなく、PDCAサイクルを回しながら自身を成長させることができる環境なので、高い目標を持っている人が多く、私も日々刺激を受けてモチベーションアップにつながっています。