たくさんのチャンスをもらい、
成長を目指して楽しんでいます

ENGINEER

2018年入社 組込みソフトウェア開発

志望の動機と入社してからの印象は?

1年目から多くの経験ができ、素直に「仕事が楽しい」と感じました

私は文系出身で、プログラミングの経験はありませんでしたが、モノづくりが好きだったことから開発職に興味を持ちました。もちろん、経験がない分野を志望することに不安もありました。でも、せっかく働くのなら、ずっと好奇心を持ち続けられる仕事で、自分が「やりたい」と前向きな気持ちで取り組める仕事がしたいと考えていました。

Sky株式会社のことは、就職活動を進めていくなかで知りました。幅広い分野でソフトウェア開発を手掛けていて、自ら手を挙げればさまざまことに挑戦させてもらえる環境があること。さらに、面接で話した社員の皆さんから、生き生きと仕事をされている様子が伝わってきて、まさに「好働力」がある会社だと感じられたこと。この2つが入社の決め手です。経験がないから、まだ若いから、といった理由で指示どおりに黙々と作業するだけ。そんな仕事はしたくないと思っていた私は、この「好働力」という言葉に強く惹かれました。

実際、入社した後は1年目から「どういうことがしたいのか」「どういう社員になりたいのか」とヒアリングしてもらい、たくさんのチャンスを与えてもらえたと思います。早い段階から、お客様と直接関わることができたり、自らソフトウェアを設計する機会がもらえたり、さまざまな経験が積めたことで、素直に「仕事が楽しい」と感じられました。

社会人になれば、1日の多くの時間を職場で過ごすことになります。仕事が好きという気持ち、楽しんで働いているという実感が持てれば、きっと充実した日々になると思います。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

初めて担当した機能を動かしたときのワクワク感を、鮮明に覚えています

現在、クライアントシステム事業部のMFPグループに所属して、デジタル複合機の組込みシステムの開発に携わっています。

仕事のなかでやりがいを感じる瞬間は、やはり自分が書いたプログラムが動作しているところを、実際に見たときです。私は、この仕事に携わるまで、さまざまな製品の中にソフトウェアが組み込まれていることを知りませんでした。なぜ、ボタンを押せばカメラのシャッターが切れるのか。なぜ、ブレーキを踏めば車は止まるのか。正直なところ、そんなことに疑問を持ったこともありませんでした。プログラミングに触れたことがない多くの方たちと同じように、私も「それが当たり前」だと思って操作していたのです。

開発者になって初めて、自分が担当した機能を動かしてみたときに、とてもワクワクしたことを鮮明に覚えています。内部の仕組みを想像したこともなかった機械が目の前で、自分の書いたプログラムによって、動きに変化をつけながら動作している。これまで、当たり前のように使っていたものを、今は自分がつくっているということ自体に面白さを感じています。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

常に周りに気を配りフォローし合える、心強い仲間がたくさんいます

会社全体に「助け合いの精神」が浸透していると思います。同じチームのメンバーはもちろん、ほかのチームの人同士もお互いに気に掛け合っていて、とてもありがたい環境だと思います。技術的な疑問や業務の進め方の質問など、どの人に尋ねても快く教えてくれますし、しばらくすると「さっきの件は解決した?」と声を掛けてくれることも多く、みんな優しい方ばかりだと日々感じています。

メーリングリストに提出する日報には、必ず業務の感想を書くのですが、それは想像以上に多くの人がしっかりと読んでくれています。業務で困った点や自分の課題について書いたとき、「この前、○○○って書いていたよね。その後、大丈夫?」と話しかけてくれたり、メールに返信してアドバイスをくれたりして、とても心強く感じたことがありました。

Sky株式会社の人たちには、自分のことばかりに集中するのではなく、いつも周囲の人のことを気に掛けて「ALL Sky」で仕事を進めることが根づいていると実感します。多くの人たちが気に掛けてくれていることが感じられると、何か問題が発生したときでも安心して相談できるので、対応が後手に回るということもありません。

また、社内研修やイベントなど通じて、ほかのグループのメンバーとも知り合えますし、同期メンバーも多いので、より多くの人から意見をもらったり、助け合ったりすることもできます。みんな、自分の時間を割いてでも協力してくれますし、本当に仲間に恵まれていると感じています。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:45出社
  • 9:00始業、実装方針の検討・影響調査
  • 12:00昼休み
  • 13:00実装・資料作成
  • 15:00レビュー
  • 16:00レビュー指摘事項への対応
  • 17:45退社
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

まだ若手の私も、チームや会社の一員として認めてられていると実感できます

風通しの良い社風が気に入っています。定期的に、自分の目標や今後取り組みたいことを上司に伝え、相談できる機会が設けられていて、それをきっかけにチャンスをいただくことができました。また、チームの運営方針などについて意見を求められることもあり、まだまだ未熟な私でも、チームの一員として認めてもらえていると実感できます。

それは、私のチームに限ったことではなく、会社全体でも同じです。Sky株式会社には、「社内ブログ」や「Skyなう(社内SNS)」といった独自の情報共有ツールがあり、日常的に活用されています。それらを通じて、会社方針に対する意見が全社員を対象に募られることも多く、立場に関係なく意見を出しやすい環境があります。

一般的な会社では、入社数年の若手社員が自由に意見できる場はなかなか用意されていないのではないでしょうか。しかも、意見を集めて終わりではなく、とてもスピーディに対応されている様子を見ると、社員の声が具体的に反映されていると実感できます。

こうした、会社が行うさまざまな施策に対する改善案を考えて発信する行動自体が、自分がSky株式会社の一員だという自覚を育ててくれていると思います。全員が意見を出し合うことで、会社はどんどん活性化しますし、会社やチームへの帰属意識が高まれば、より一層貢献したいという意欲が湧くと思います。そんな風土が根づいている環境に身を置いて、成長を目指せることが幸せだと思っています。