EVALUATION
SYSTEM
評価制度

社員の実績・努力を称える、実力主義の制度

Sky株式会社では、年齢や学歴などにとらわれず、一人ひとりの実力を評価します。
社員の実績・努力を正当に評価するため、多面的な評価制度を整えると同時に、評価を適切にフィードバックするために、表彰や昇格の制度を設けています。

表彰・昇格について

努力の成果を、一人ひとりにフィードバックします。

表彰
年に2回、社員の実績や努力を称える表彰式を式典時に開催し、期間中に目覚ましい実績をあげた社員や部署に賞が贈られます。新卒採用の方には、初年度の最優秀者に「フレッシュマン賞」を贈呈し、キャリア採用(中途採用)の方に対しても同様に「中途入社社員賞」を設けています。
昇格
優秀な実績をあげた社員や、さらに上のレベルの業務を期待する社員には、本人との合意の上、昇格していただきます。個人の能力に適した業務を担当することで、力を最大限に発揮していただきます。

評価について

半期ごとに目標の設定と、取り組みに対する結果の振り返りを行います。
まずは各自が目標を設定し、それをもとに上司との面談を行い、最終的な目標を定めます。
取り組むべき課題や目標を明確にして、モチベーションを高めてから、次の半期をスタートする仕組みです。

査定
設定した目標に対しての成果を明らかにし、達成度を振り返ります。
また、期間内の実績を整理して、目標達成度とは別に自己評点を行います。それらの目標成果および実績について、上司との面談の場で話し合いを行い、その結果によって、昇格・表彰や賞与の査定審査が行われる仕組みです。目標設定や査定の面談は、上司と部下のコミュニケーションの場であるとともに、お互いの考えを明らかにする意識合わせの場としても活用されています。