人々の生活を根幹から支える、ITの仕事に惹かれました

SUPPORT

2020年入社 インストラクター

Sky株式会社への入社理由を教えてください。

壁にぶつかってもそれを乗り越え、成長につなげられると感じました

私は、日常生活のあらゆる面で人々を支える仕事がしたいという思いで就職活動をしていました。そのなかで、IT関連の業種は生活の利便性や効率性の向上を追求できると感じました。例えば、身近なことでいえば、電車の乗り換えアプリや地図アプリは今や生活に欠かせないサービスです。Sky株式会社の商品である「SKYSEA Client View」も、情報漏洩対策としてセキュリティリスクの回避を支援しているという点で組織の人々を支えています。このように人々の生活を根幹から支え、より豊かなものにできるのがIT業界だと思い、自分の軸にぴったり合っていると感じました。

Sky株式会社を志望した理由は、好きだから働くという「好働力」の考え方に共感したからです。私自身、好きなことにはとことんこだわるタイプなのですが、とはいえ失敗して壁にぶつかることもあります。しかし、それを乗り越えて自分が成長することに喜びを感じた経験があり、この会社でも同様に、仕事を通じて成長し喜びを感じることができると思いました。Sky株式会社はチームワークを大切にしており、互いに支え合ってそれぞれが力を発揮できる会社です。自身の弱みを素直に受け入れ、弱みを強みに変えることができる環境はほかにはないと思い、志望しました。

現在行っている業務を教えてください。

機能の勉強はもちろん、話法のトレーニングも欠かせません

インストラクターとしてお客様のところに訪問し、「SKYSEA Client View」の使い方をご説明する「教育支援」という業務を行っています。これから使っていただくお客様や、すでにお使いいただいているお客様に対し、機能や操作、活用方法を丁寧に詳しくご紹介しています。

「SKYSEA Client View」は、情報漏洩リスクの回避をご支援するための機能がたくさん搭載されているソフトウェアで、活用方法も多岐にわたります。お困りごとやご要望に添った提案をするために、お客様とのコミュニケーションが非常に大切です。詳しく、わかりやすく伝えるためにも、機能についての勉強や話法のブラッシュアップは欠かせません。

ほかにも、リアルタイムで行われるオンラインセミナーや、YouTubeなどの動画コンテンツを通じたプレゼンテーションも行うなど、IT業界では珍しい仕事にも携わっています。いずれも、お客様にわかりやすくお伝えするためには、機能の知識だけではなくスピーチのスキルも求められます。そのため毎朝発声練習を行ったり、スピーチ研修を通して滑舌やイントネーションを正すなど、きれいに話すことができるようトレーニングも日々行っています。

これまでに働く中でやりがいを感じたことを教えてください。

お客様からの感謝の言葉が、自分にとって一番大きいです

やはり感謝の言葉というのが一番大きいと思います。初めてお客様対応を任せてもらった際、お客様に満足していただける対応があまりできず、悔しい思いをしたことがあります。それでもお客様から感謝と激励の言葉をいただいたときは素直にうれしかったですし、経験が浅いながらもやりがいを感じました。そして次は、もっと満足いただける対応ができるように頑張ろうという前向きな気持ちにもなりました。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社始業までの時間を使って、メールや社内ブログのチェックをしています。
  • 9:00始業メールや社内ブログを確認してから、その日の業務スケジュールを決めます。
  • 9:30発声練習毎朝、各拠点をWeb会議システムでつなぎ、発声練習や口の体操、滑舌練習などをしています。
  • 10:00チームミーティングチームごとに業務の進捗報告や情報共有を行います。ミーティング内で勉強会をすることもあります。
  • 11:45昼休み
  • 13:00セミナー準備オンラインセミナーの対応に向けてシナリオを作成したり、原稿読みの練習に取り組みます。
  • 15:00デスクワーク自社商品の知識を習得したり、お客様に対する話法をブラッシュアップするなど自己学習をします。
  • 17:15日報作成
  • 17:30退社
※ 毎週水曜日および第1、第3金曜日は定時退社日

1年目と現在を比べて成長できた部分を教えてください。

自分と素直に向き合うようになり、次に取り組むべきことが明確に

入社1年目は、ミスや失敗を恐れて自主的に行動することができていませんでした。今では失敗を恐れずにまずは挑戦してみようという気持ちで行動できるようになったと思います。失敗したとしても、ただ反省してできなかった自分を責めるのではなく、課題や原因を洗い出し、同じミスを繰り返さないよう改善点を考え、それをすぐに実行するようになったことが、成長した大きなポイントだと思います。

自分の心と素直に向き合えるようになったことで、次の目標も立てやすくなりました。それにより取り組むべきことが明確になり、不安や恐れを解消できることを学びました。挑戦することに消極的だった私ですが、意識を変えて取り組み、課題に向けて改善できたことが増えるたびに、少しずつですが以前よりも成長できていると感じます。

所属チームや、仲間の雰囲気を教えてください。

小さなことでも感謝し合い、褒め合い、助け合う文化が浸透

インストラクターのチームはとても明るい雰囲気です。小さなことでも感謝し合い、褒め合い、そして助け合う文化が浸透しているので、チームワークがとても良いと思います。コロナ禍になってからはテレワークの日が増え、メンバーと顔を合わす機会が減りましたが、昼礼時には顔合わせや会話も兼ねたオンラインミーティングを毎日実施しているので、コミュニケーションも以前と大差なく取れています。

少しでも困ったことがあれば周りの先輩が声を掛けてくれて、親身に相談に乗ってくださるので不安なこともすぐに解消できます。失敗しても、次に向けて的確なアドバイスもいただけるので、前向きに取り組むことができています。