「頑張らなきゃ」じゃなく「頑張りたい」
自然とそう思える環境です

SALES

2017年入社 パートナー推進営業

志望の動機と入社してからの印象は?

営業は個人プレー、という印象がガラリと変わりました

「チームで営業する」という言葉に惹かれて、Sky株式会社を志望しました。それまで営業職は個人プレーというイメージが強かったので、初めてそのお話を聞いたときは具体的には想像できず、単にフレーズに興味を持ったという程度でした。しかし、会社説明会や面接を通して「チームでの営業」とはどういうことか詳しく知るうちに、自分も参加したいと思うようになりました。また面接の場で、とても丁寧に仕事や会社の雰囲気について教えていただけたことも、入社の大きな決め手になりました。

入社したばかりの頃は、とにかく会社の規模に圧倒されていました。会社の中にはたくさんのチームがあり、それぞれの目標に向かって日々業務に取り組んでいます。その様子を目の当たりにして、本当にチームでの仕事を大切にしているんだと実感しました。私の業務も、入社前に聞いていたとおり「チームでの営業」でした。まずチームの目標があり、それを達成するための個人の目標があります。その両方を達成するために、周りの先輩が全力でフォローしてくれるのでとても心強く、日々の業務も充実しています。そういった環境で過ごすうちに、自然と「自分ができる形でチームに貢献したい」という思いが強くなっていきました。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

技術者不足のなか、弊社を選んで協力していただけることは大きな喜びです

私は現在、クライアント・システム開発事業部のパートナー推進課という部署に所属しています。弊社がお客様から受注した開発や第三者検証の案件に、ご協力いただけるパートナー企業様の新規開拓と取引拡大に向けた交渉が主な仕事です。パートナー企業様から弊社の案件に合った人材をご提案いただき、実際にプロジェクトに参加していただくところまでをサポートする。そのために日々パートナー企業様と打ち合わせをし、私から案件の内容を説明したり、エンジニアの状況をヒアリングしたりしています。

現在IT企業は業界的に人手不足の状況です。需要が非常に大きいため、パートナー企業様も自社のエンジニアをどの企業に派遣するか、社内で何度も打ち合わせを重ねているそうです。ですから、パートナー企業様からエンジニアのご提案をいただけた瞬間はとてもうれしいです。数ある取引先の中で弊社を選んでご協力いただけることは大変光栄ですし、その窓口として弊社とパートナー企業様をつなぐ役割にやりがいを感じます。パートナー企業様に弊社を選んでいただけるよう、日頃からしっかりと弊社の魅力をお伝えする意識を持って仕事に取り組んでいます。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

先輩にも同期にも、すぐに相談できる環境がとても心強いです

私の所属するチームを一言で表すと「楽しく、厳しく、元気良く」という雰囲気です。いつでもにぎやかで、業務のこともそれ以外のこともとても会話が活発です。日頃から気軽に「報告、連絡、相談」ができる環境なので、一人で悩んで立ち止まってしまうようなことはありません。そのためスピード感を持って業務に取り組めています。先輩方は何でも優しく丁寧に教えてくれます。時には厳しくご指摘をいただくこともありますが、そのおかげで自分では気がつかなかった課題を発見できるので、自らをステップアップさせられる環境だと思います。

また、同期の存在はとても心強いです。私には140名近くの同期がおり、その中で同じパートナー推進課の同期は私を含めて2名います。それぞれ東京と大阪に配属されたため、直接会うのは年に数回ほどですが、連絡はこまめに取り合っています。社内SNSの「Skyなう」や社内ブログ、内線といったコミュニケーションツールが充実していて、お互いの業務の進捗や業務上の悩み事、その解決方法など気軽にやりとりができるのです。たくさんの同期がいることで日々刺激を受け、「自分も頑張ろう」という励みになっています。離れた場所にいる同期とも、活発にコミュニケーションをとることができる環境は、Sky株式会社ならではだと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:00出社
  • 9:00出社、メールチェック
  • 10:00MTG(部内・チーム)
  • 11:45昼休み
  • 13:00外出(打ち合わせ)
  • 15:00来客(打ち合わせ)
  • 17:15日報作成
  • 18:00退社
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

失敗しても誰かが助けてくれると知っているから、積極的に挑戦できるし成長できる

全員参加の精神で、協力して業務に取り組むところです。パートナー推進課の業務は、開発現場のエンジニア、事務、クライアント営業などさまざまな部署と連携することが求められるので、多くの方と関わる部署です。私はまだまだわからないことも多く、失敗してチームの皆さんに迷惑を掛けてしまうこともありますが、そんなときも部署に関係なく、すかさず誰かがフォローしてくれます。ですから積極的に新しいことにもチャレンジしようという気持ちが芽生えます。チャレンジして、もし失敗しても、成功するまでしっかりと見守り助けてくれる、そんな土壌があるからこそ成長できるのだと日々実感しています。そしてその社風を支える独自のコミュニケーションツールが発達していることも心強い点です。例えば「Skyなう」を使えば、失敗したときもすぐに報告でき、それに対するアドバイスもリアルタイムでいただけます。何事にもスピード感を持って取り組む分、多くの業務を経験でき、より成長できると感じます。

このような「ALL Sky」の精神が、弊社には強く根づいています。チームや部署の垣根を越えて助け合いながら全員参加で業務を行っている、それが大きな魅力です。