未経験で開発職を選択
今は成長の手応えを感じる毎日です

ENGINEER

2016年入社 組込みソフトウェア開発

志望の動機と入社してからの印象は?

知識も経験もなく開発職を志望したのは“自分で何かを作ることを仕事にしたかった”から

私が、開発職を志望したのは「自分で何かを作ることを仕事にしたかった」というのが一番の理由です。そして、就職活動に取り組むなかで知ったSkyの「青空のごとく大きな考えでシステムを創る」という企業理念に共感したことが、入社の決め手になりました。

しかし私は、開発に関する知識や技術もなく入社したので、入社当初は不安が大きかったことを覚えています。でも、Skyは研修体制がしっかりしていることに加え、先輩や上司からの手厚いフォローもあり、一つずつ仕事を覚えていくことができました。

社内はとても風通しがいいと思います。社長が日々考えていることも「社内ブログ」や「Skyなう」を通じて発信されていて、その方針に向かって、それこそ会社全体が一体となり「ALL Sky」で動いていることを実感しています。

こうした雰囲気なので、部署を超えた連携も非常に多いです。各分野の専門知識を持ったメンバーがお互いに情報発信しながら協力し合うことで、新しい事業分野への参入に取り組むといったシーンも多くあります。また、働いている場所(拠点)や役職の上下も問わず、一人ひとりがフラットに意見を発信できる雰囲気があるので、みんなが積極的に関わりながら仕事を進められるようになっていて、とても良いサイクルがあると思います。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

自分が手がけたソフトウェアを、お客様に見ていただくときの緊張感と達成感

現在は、ソフトウェアの品質評価や第三者検証に関する作業を自動化する、Windowsアプリケーションの開発に携わっています。具体的には、開発業務を行うだけでなく、アプリケーションに関するお客様からのお問い合わせに対応したり、お客様先にお伺いして導入のサポートを行ったりしています。

アプリケーションの設計や実装では、私は未熟な部分も多くて先輩方にフォローしてもらいながら開発を進めている状態です。それだけに一つの機能が形になって何かを作り上げられたときの達成感はとっても大きいです。

また、このアプリケーションは技術系の展示会に出展したり営業に同行したりした際に、お客様に対してデモをさせていただく機会もあります。自分が苦労して作ったアプリケーションを、自分の目の前で見ていただくのは、ものすごく緊張します。でも、そこで「いいね」と高評価がいただけると、やっぱりうれしくなりますし、自然とモチベーションも上がります。

私は入社してから今まで、経験したことのない新しい業務にたくさん携わることができました。もちろん大変さはありますが、その分だけ成長の手応えを感じられるので、すべてがいい経験になっていると思います。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

一人で立ち止まると解決できないようなことも、みんなで乗り越えられる、大きな安心感

私がいるチームは、一人ひとりが仕事を前に進めていこうと率先して動く、とても意欲的なチームだと思います。もちろん、課題に直面したときは先輩や上司への相談は欠かせません。ただ、本当に丁寧に仕事を教えてくださる先輩方ばかりなので、チーム全体に相談や質問がしやすい雰囲気があり、それだけで安心感があります。

これは、自分のチームだけに限ったことではなく、ほかのチームやグループとも部署を越えて協力し合える文化があります。例えば、技術的に難しい問題に直面したとき、ほかのグループにいる専門知識を持った有識者に、助言・助力を求めるといった場面も多くあり、そうした交流のなかで、自分のチームにはないノウハウを教えてもらったり、そのグループのお客様でのやり方を教わったりする機会も頻繁にあります。

このように、自分ひとりで悩んで立ち止まってしまうと決して解決できそうもない問題にぶつかったときにも、情報提供を求めれば、みんなが進んで手を差し伸べて「ALL Sky」で乗り越えていこう、という雰囲気が会社全体にあります。この風通しの良さを最大限に活用すれば、どんなに難しい仕事でも前に進めていける。その環境が整っていることが、技術者として実感する、大きな安心感につながっているのだと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:40出社
  • 9:00始業、メール・ブログチェック
  • 9:30ミーティング(チームのタスク進捗の確認)
  • 11:45昼休み
  • 12:30開発業務(設計・実装)
  • 19:00日報作成
  • 19:30退社
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

やっぱり“風通しの良さ”が一番の魅力です

やはり、Skyの魅力はなんと言っても「風通しが良くて、仕事に取り組みやすい雰囲気」が一番だと思います。例えば、社長が今考えていることや会社の方向性などは、日々の出来事も含めて「社内ブログ」などで毎日発信されているので、社員はいつでも自分が目指すべき方向を確認することができます。

また「Skyなう」を使えば、直属の上司が忙しくしていたり、他部署のメンバーへ相談したりするときも、ちょっとした伝達や相談をするために時間を無駄にすることがなく、業務の効率化につながっています。

こうした社内ツールは、特定の誰かと個別に連絡を取り合う目的だけではなく、自分が気づいたことやつまずいている点などを、会社全体に広く発信する用途でも使用されています。例えば、技術的に困ったことを投稿しておくと、誰かが気づいて声を掛けてくれたりもします。社員一人ひとりが同じ方向・目標に向かって仕事に取り組むために、本当に欠かせないツールになっていると思います。ツールがあるだけではなく、それを最大に活用できる「ALL Sky」の姿勢が生みだす雰囲気こそ、Skyの一番の魅力ではないかと思います。