日々チームメンバーが成長する姿を見ることが
何よりのやりがいです

ENGINEER

2008年入社 業務系システム開発

お客様から信頼を得ることで、仕事が大きくなる喜びを実感しています

現在は、どんな仕事をされていますか?

大手マスメディアに常駐し、デジタルサービスの開発プロジェクトに携わっています。具体的には、お客様の業務支援として、システムの要件や現行サービスの価値を向上させるための改善施策などをお客様と一緒に検討しています。また、大手メーカーやSIer、さまざまなベンダーとお客様の間で仕様や業務の調整を行うことも私たちの仕事です。

弊社はこの開発現場には後から加わったので、他社に比べ業界知識や既存システムのノウハウが足りていませんでした。そのため、まずはお客様とベンダーを取りまとめるプロジェクトマネジメントからお手伝いさせていただくことに。お客様に満足いただけるような成果を出し、大掛かりなシステム開発や、複数の案件の受注へつなげることが次の目標です。今はできることから取り組みながら、他社に「追いつけ、追い越せ」と日々の業務に励んでいます。

私がプロジェクトに参加して約1年。徐々に業務支援のお仕事以外に、システム開発の一部を任せていただけるようになってきました。最近では、お客様の開発拠点に常駐して業務を行うメンバーも増員。それ以外に、社内に作業を持ち帰るチームも発足するなど、今まさに仕事が大きくなりつつあります。それは決して私一人の力ではありません。チームメンバーそれぞれが能力を発揮し、お客様からの評価と信頼を獲得できたからこその成果です。お客様から成果物を褒めていただくこと以上に、チームメンバーを認めていただけることが大きな喜びです。メンバーの成長を肌で実感でき、日々やりがいを感じています。

新しい事業の立ち上げに参加でき、SEとしてのプロ意識が芽生えました

入社した頃のエピソードはありますか?

新入社員としてSky株式会社に入社するまでは、ものづくりに興味はあったものの、プログラミングを少々かじった程度。知識も経験もほとんどない状態でIT業界に飛び込んだので、毎日が勉強でした。入社後の技術研修で社内の講師がSEとしての基礎を丁寧にわかりやすく教えてくださったのでとても助かりました。初めて自分が書いたプログラムでシステムが実際に動いたときの感動は忘れられません。

現場へ配属になったのは、ちょうどクライアント・システム開発事業部のビジネスソリューショングループが新しく立ち上がったタイミングです。その新しい部署で当時弊社では前例のなかった、業務系システムを開発することになりました。チームは5名程度の少人数でしたが、統括技術部長、主幹、技術係長といった弊社のベテラン技術者が集結していました。そんな中に入社したての私がぽつんといるわけですから、それはもう大変なプレッシャーでした。今考えてみれば、新人の私にとってこれ以上ない恵まれた環境だったと思います。会社としても初挑戦の分野だったため、試行錯誤の連続で、当時は稼働時間も正直長かったです。忙しいなかでも、上司や先輩が優しく、時には厳しく新人の私に仕事のイロハをたたき込んでくれました。私の中に、SEとしてのプロ意識が芽生え、働くことの厳しさと喜びを知ったのはこのときだったと思います。

2年目になって、ICTソリューション事業部へ異動しました。そこでは先輩社員からだけでなく、パートナー企業様からも本当にいろいろなことを学びました。大きな転機となったのは、当時担当していた商品の機能リーダーを任されたことです。パートナー企業様の担当者を含めたメンバーの管理やプロジェクトリーダーとの仕様決めなど、上流から下流まで開発の流れをひととおり経験できました。技術者として一つ階段を上がることができたように思います。

開発スキルも、マネジメントのスキルも、日々新しいことを学んでいます

経験を積むことで、どんなスキルが身につきましたか?

開発職なので、開発スキルはもちろん身につきます。いまだに仕事のなかで新しい言語や環境、技術に触れることも多く、日々勉強しています。例えば、今携わっている業務で使用している開発言語や開発環境も、私にとっては初めて使うものでした。そういったことは日常茶飯事ですが、オブジェクト指向設計などプログラミングの基礎がたたき込まれているので、応用すればある程度のことはすぐに理解できます。

また、プロジェクトリーダーを任されたことで、メンバーの特性を理解したチームビルディング、スケジュールやリスクの管理、お客様との折衝などを経験できました。マネジメントやコミュニケーション、ネゴシエーション(交渉)のスキルといった、プロジェクトを推進するためのスキルも身につけられたと思います。最近では私も、徐々にメンバーを育成する立場になりつつあります。ティーチングとコーチングの使い分けなど、メンバー育成のスキルは今まさに習得中です。こうしたことの多くは、上司や先輩から学びましたが、社内で行っている外部講師を招いた研修も、多面的なスキルを身につけるのにとても役に立っています。

CAREER PATHSキャリアパス

入社~1年目
クライアント・システム開発事業部
当時未開拓だった業務系システム開発の立ち上げメンバーとして、通信会社の生産管理システム開発を担当。
2年目~3年目
ICTソリューション事業部
自社パッケージ商品の企画・開発を行うICTソリューション事業部に異動。 教育機関向けソフトウェアの開発に携わる。
4年目~9年目
クライアント・システム開発事業部
再びクライアント・システム開発事業部に異動。複合機管理システム開発の機能リーダーなどを経験。その後、プロジェクトリーダーを務めた放送業務システム開発において、3名体制から10名体制へ業務を拡大。
10年目~現在
クライアント・システム開発事業部
マスメディア業界のクライアントを担当し、デジタルサービス開発業務に携わる。クライアントの開発拠点の常駐メンバーと社内メンバーをつなぐマネジメントの立場に。サービス改善につながるデータマーケティングを行うなど、多角的な視点で業務を行う。

大切にしていきたいのは、本質をとらえる力と確かな技術力です

今、身につけたい力はありますか?

今の開発現場では、大手メーカーやコンサルタント会社、SIerに囲まれて仕事をしています。今後は弊社もSIerとしてどんどん新しい提案ができるように、立場を確立する必要があります。そのためには、お客様からの依頼に表面的にお応えするだけでは足りません。要望が出てきた背景を理解し、「本当は何を望んでいるのか」という本質を把握することこそ大切です。また、既存のシステムやサービスの価値を向上させるために何ができるか、お客様以上に深く考え、提案できるようにならなければ、お客様の期待を上回る成果を出すことはできません。そのためのノウハウやスキルがまだまだ不十分だと感じています。

今後、お客様のお望みの本質を聞き出す「傾聴力」、さらにはお客様と弊社がWin-Winとなるような提案ができる「プレゼンテーション力」と「商売力」を強化していきたいです。最近受講した「現場営業力強化研修」は、自分に足りない部分に気がつく良いきっかけになりました。今まさに実践しながら必要なスキルを身につけようと奮闘しています。

この先のキャリアビジョンを教えてください

どんな開発現場でも通用するスキルを身につけ、コンスタントに実績を残せるようなエンジニアになることが当面の目標です。また、次のキャリアアップで管理職を目指すことになるので、自分のチームだけでなく、ほかのチームも含めたマネジメントができるようなスキルも必要です。ゆくゆくはグループや事業部まで視野を広げ、会社を引っ張っていくような人材になりたいです。

業務系システムの開発では、開発現場によってお客様はもちろん、関わる業界や開発するシステム、使用する技術などがその都度まったく異なります。一人前のエンジニアとして、どんな開発現場でも力が発揮できるように、十分なスキルを身につけたいです。その上でお客様や上司、チームメンバーとの信頼関係を築き、グループや事業部、会社全体に貢献していきたいです。