「実力主義」と「ALL Sky」
2つの文化がうまく融合しています

SALES

2016年入社 企業・団体向けパッケージ商品営業

志望の動機と入社してからの印象は?

説明会で聞いていた以上に働きやすい環境でした

就職活動中は、いくつもの企業説明会をまわり、可能な限りたくさんの会社を見て比較するようにしました。そのなかでもSkyは、業務内容に惹かれただけでなく、どの企業よりも勢いが感じられ、社員の方々の対応もとても親切でした。そして、もっとも魅力に感じたところは、「実力主義」を掲げながら、社員同士がお互いに協力し合う「ALL Sky」の社風も大切にしている点でした。この2つは矛盾して見えるかもしれませんが、私は互いのいい部分をうまく取り入れているように思いました。

よく、実際に会社に入ってみて、「会社説明会で聞いていた社風と違う」とか、「ギャップを感じる」といった話を聞きますが、Skyに関しては、むしろ良いギャップを感じています。正直に言うと、Skyの説明会で聞いていた「ALL Sky」の話や「風通しの良い社風」について、少しは誇張しているだろうと感じていました。でも実際に入社してみると、説明会で聞いていた以上に社員同士のつながりが強く、働きやすい環境で、良い意味で期待を裏切られたと思っています。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

新しいことに挑戦できる環境が大きなやりがいです

現在は、ICTソリューション事業部の営業部で、首都圏を中心に営業活動をしています。私が所属している部署では、自社商品の「SKYSEA Client View」や、「SKYMENU Pro」、「SKYMENU Class」の提案・販売が主な業務で、市役所や教育委員会、学校、病院などの公共団体を主な取引先として、日々営業を行っています。

また、最近では自社商品の営業だけでなく、システムの企画、構築、運用を請け負ってサポートするシステムインテグレーション事業(SI事業)も活発になってきています。SI事業は、私が入社した後に会社として力を入れ始めた分野です。まだ入社して間もないですが、微力ながらこの新しい事業に携わることで、会社の成長を肌で感じることができています。

これらの業務を通じて感じられる仕事のやりがいは、入社する前に自分自身が想像していたよりもはるかに大きなものでした。営業担当として、自社商品をご提案してお客様から感謝されることももちろんですが、常に新しいことに挑戦できる今の環境に、大きなやりがいと可能性を感じています。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

情報共有がしやすい環境なので、部署間の垣根がなく協力できる

部署間の垣根がなく、みんなで協力しながら仕事をしているので、会社全体がとても良い雰囲気だと思います。「Skyなう」や「社内ブログ」などのSky独自のツールを活用することで社内の情報共有がスムーズにできているので、他部署とも連携して仕事がしやすいです。実際に、業務をしていると営業部門だけでは解決できない問題がたくさん出てきます。そのたびに、開発部門やサポート部門など、さまざまな部署の方に相談し、協力してもらいながら、一つひとつ問題を解決しています。

また、私が所属している首都圏担当の営業チームは、上司をはじめ、とても明るい人が多く、特に雰囲気が良いチームだと思います。普段から仲が良く、コミュニケーションを取り合っているので、困ったことがあっても相談や報告がしやすい環境です。ただ、仲が良いからといって、なれ合いになっているわけではありません。やることはきちんとやり、何かあればお互いに注意もします。メリハリがきっちりしているのもチームの良いところです。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 7:45出社
  • 9:00始業、TODO確認
  • 10:00テレマーケティング
  • 11:00見積対応、資料作成
  • 12:00外出(外で昼食)
  • 13:15顧客訪問
  • 17:00訪問した顧客の案件情報まとめ
  • 18:00メールチェック、日報作成、提出
  • 20:00直帰
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

会社の現状や目標を知ることで、同じ方向を向いて頑張ることができる

私がSkyを好きな理由は、社員一人ひとりが会社や業務に対して誇りを持ちながら、みんなで同じ目標を目指して頑張っているところと、会社や自身の業務をより良くしていこうとする改善の文化が根づいているところです。Sky独自のツールである「社内ブログ」では、社長や幹部の方々が会社の売上や目標、新しい事業、商品などに関する情報を毎日発信しています。会社の現状や目標をリアルタイムに知ることで、会社の方向性を改めて把握し、社員も同じ方向を向いて業務に励むことができていると感じます。

また、Skyには改善の文化があり、日々の業務で何か改善したいことがあれば、「社内ブログ」や「Skyなう」などのツールを使って意見を募集し、さまざまなアイデアを取り入れて改善を行います。このように意見を共有する習慣があるのは、情報共有がしやすい独自のツールがあり、それを積極的に活用しようとする姿勢が社員にあるからだと思います。現状には満足せず、より良くしていくために考えながら行動する、そして、それが結果として表れているSkyで働くことに誇りを感じています。