会社が急成長するなかでの苦労が
自身を成長させてくれます

ENGINEER

2016年入社 自社パッケージ商品開発

志望の動機と入社してからの印象は?

情報共有が活発に行われていて他社にはない一体感を抱きました

もともとコンピューターが好きで、大学では情報系を専攻していたこともあり、学んだことが生かせるIT業界への就職を目指していました。Skyを選んだのは、社内での情報共有が活発に行われていて、他社にはない一体感を抱いたからです。

一般的には、会社の規模が大きくなってくると社長の考えや会社の方向性、他部署の動きなどは、どうしてもわかりづらくなるものなんだと思います。しかしSkyでは、「Skyなう」や「社内ブログ」などの社内ツールを活用して、社長を先頭に、すべての社員が積極的に情報共有に取り組んでいます。会社全体の目標もこれらのツールを通じて共有されていて、目標達成に向けて仕事に取り組まれている皆さんの姿がとても魅力的に映りました。

今でもその印象は変わらず、むしろ想像以上に情報共有が盛んなので、入社当初は驚いたくらいです。連絡事項はもちろん、部署やチームにとって有益な情報があれば、社内ツールを活用してどんどんメンバーに発信していこうという風土があります。チームのみんな、会社のみんなとともに、成長していこうとする一体感をSkyから抱きました。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

手がけたプログラムが正常に動作したときは言い表せない達成感が味わえます

自社パッケージ商品である「SKYSEA Client View」の開発に携わっており、主に設計や実装作業を担当しています。この商品は発売してから約10年間の歴史があり、その間さまざまな機能追加や修正などの実装が行われ、たくさんのプログラムで動作しています。このため、ちょっとした実装を行うだけでも、別の箇所に不具合が発生する恐れがあるなど、影響範囲が広いケースが多々あります。既存プログラムの動作や処理に対する理解が甘ければ、新たな実装を行うときに不具合を生み出しかねないので、事前に調査を行い、有識者の方に相談しながら慎重に作業を進めています。この作業は決して簡単ではなく苦労の連続です。しかしその分、自身が手がけたプログラムが正常に動作したときの達成感は、なんともいえないものがあります。

また最近では、「SKYSEA Client View」がテレビCMやポスター広告などで宣伝されており、ユーザー様以外の多くの皆さんに知っていただけるような商品になってきました。世の中で有名になりつつある商品の作り手として携われることもやりがいの一つです。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

役職や年齢の垣根を感じさせない雰囲気のなか、意見交換が活発に行われています

技術職の人が集まる職場は、静かでおとなしいイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、私が所属している部署にはコミュニケーションが好きな方が多く、意見交換が活発に行われています。特にSkyならではだと感じるのは、役職や年齢などに関係なく社員同士の交流が盛んだということです。

私自身、業務に関する経験や技術力はまだまだ足りていないので、問題にぶつかってしまい周りの方の力を借りる場面がたくさんあります。しかし職場全体には、日ごろから相談しやすい雰囲気が根付いているので、余計な遠慮をせず周囲へ助けを求められます。しかも、どの先輩や上司も丁寧に相談にのってくれるので、安心感を持って業務に取り組むことができます。普段から会話が多いので、業務に取り組む上での欠点なども、日常会話のなかから早い段階で見つけてもらえるので、非常にありがたいです。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、実装方針の調査・確認
  • 11:45昼休み
  • 12:30実装方針のレビュー
  • 13:30実装作業
  • 17:30日報作成
  • 17:45退社
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

チャレンジさせてもらえる社風が成長を後押ししてくれます

会社が成長していくなかで、自身の成長を実感できるところです。Skyでは、業務のなかで改善を重ねていく文化があり、常に会社の至るところで、改善へ向けた新たな取り組みが行われています。この取り組みは、現在のSkyの業績向上にもつながっており、会社の成長の過程に、社員という一番近い立場で立ち合えていることに、楽しさやうれしさを感じています。

またSkyでは、手を挙げると若手でもチャレンジさせてもらえる風土があり、意欲があればさまざまな分野の業務に携わることができます。初めて経験する業務に取り組むときは、自分の未熟さを痛感して苦労する場面も多いですが、周りには優秀な技術者がたくさんいて、その方からどんどん知識を吸収することができます。このように、会社の急成長を身近に感じながら、日々の業務を通じて技術者としての自身の成長を実感できる環境にいられるのはとても幸せだと思います。