変化を恐れず改善を重ね、
常に前向きに仕事に取り組んでいます

ENGINEER

2016年入社 業務系システム開発

志望の動機と入社してからの印象は?

社員の明るさ、雰囲気の良さに触れて「ここで働きたい!」と強く思いました

私はもともと、ITの分野でモノ作りを通じて社会に貢献したいと考えていたため、IT関連の企業を中心に就職活動を進めました。モノ作りができるIT企業はたくさんありますが、各社の会社説明会や面接に参加するなかで、Skyでは特に社員の明るさや雰囲気の良さを感じ、「ここで働きたい!」と強く思えたことが、入社の決め手になりました。

入社後に開発部門に配属されてからも、周りのメンバーが高いモチベーションを持って前向きに仕事をしているのを見て、私自身も自然と同じような気持ちで業務に取り組むことができています。

また、入社して特に驚いたのが、意思決定の速さでした。「Skyなう」などの社内ツールを使って社員間で素早く情報共有して状況を判断し、仕事をどんどん前倒しで進めていくスタイルは、とても新鮮で印象的でした。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

実際に現場で自分が担当した機能が使われ、大きなやりがいを感じています

入社してから現在まで、病院で使用される医療システムの開発に携わっています。病院から要望いただいている複数の機能の中で、私は主に外部システムとの連携機能の開発を進めています。

医療の現場で利用されるシステムには高い安全性が要求されるため、開発を進める上でも細心の注意を払う必要があり、とても緊張感があります。その分、自分が担当した機能が院内で実際に使われているのを見ると、頑張ってよかったと思いますし、大きなやりがいも感じます。

私自身まだまだ未熟ですが、今後も医療システムの開発を通じて、常駐先のお客様や、システムを使われる先生方、そして患者様にさらに役立てていただけるように業務に取り組んでいきたいと思います。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

ほぼゼロからのスタートだった自分を根気強く指導してくれた先輩に感謝しています

入社当時の私は、もともとプログラミング経験も、医療に関する知識もほぼない状態で、今は当たり前にできるようなことがまったくできませんでした。そんな私に対して、先輩の皆さんがじっくりと時間をかけながら、全力で指導してくださったことで、何とか業務を進められるようになりました。そのような先輩に囲まれて仕事ができることは、本当に恵まれていると感じます。

また、自分が所属するチーム以外の社員の皆さんとも、定期的に式典や懇親会で交流を持つ機会があり、「困ったときはいつでも相談に乗るよ」と言ってもらえる先輩も多いので、大変ありがたいです。社員が年々増え、社員数が2,000人を超えてもなお、ほかの部署やチームの社員と多くの接点を持つことができるのは、Skyの素晴らしい文化だと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、メールチェック
  • 10:00設計書作成
  • 11:00プロジェクト定例会議
  • 12:00昼休み
  • 12:45チーム内レビュー
  • 13:45プログラミング
  • 17:15日報作成・提出
  • 17:30退社

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

変化をいとわない改善の文化と常に前向きに仕事と向き合う変わらない文化

「好働力」というキーワードにも表れているように、明るく前向きに仕事に取り組むSkyの社風が好きです。仕事をしていると、うまくいかないことも当然でてきます。でも、そんなときに落ち込んで暗くならず、どうすればうまくいくかを考える前向きな姿勢がSkyの社員には根づいていて、その文化が会社の成長につながっているのだと思います。

そして、変わることを恐れない社風にも魅力を感じています。目の前の問題を解決していくために、会社としてときに大きな改善を実施し、社員もそれぞれ小さな改善を日々重ねて成長していこうとする姿勢を、いつも強く感じています。またそれと同時に、明るく前向きに仕事に取り組むという大事な部分は常に変えない文化も兼ね備えていて、私はそんなSkyで働くことが好きです。