お客様に喜んでもらえた達成感が
次の成長に向けた意欲に

INSTRUCTOR

2016年入社 インストラクター

志望の動機と入社してからの印象は?

Sky株式会社のインストラクターとの出会いで「人に伝える仕事」に興味を持ちました

就職活動フェアで、Skyのインストラクターの方がプレゼンテーションされているところを見たことが、Skyを志望するきっかけになりました。壇上に立ち、堂々と話されている姿がキラキラ輝いて見えて、とても印象に残っています。そのとき、私は初めて「インストラクター」という職種を知り、「人に伝える仕事」に興味を持ちました。

そして、もっとインストラクターの仕事について知りたくなり、会社説明会に参加しました。Skyのことを知るにつれ、「風通しが良く、人を大切にしているこの会社でインストラクターとして働きたい」と思うようになり、入社を決意しました。

入社してからも、会社説明会で感じた印象は変わっていません。困ったことや、わからないことがあると、助けてくれる上司や同僚、同期入社の仲間がたくさんいます。みんなで支え合いながら仕事をするうちに、仕事は一人で抱え込んだり、完結しようとするものではなく、全員の力を合わせて達成するものだと実感しました。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

一緒に作り上げて、成功の喜びを共有できる仲間がいる

今は、自社商品である「SKYSEA Client View」のセミナー対応、ご導入いただいたお客様への講習会、展示会やイベントでのプレゼンテーションを担当しています。

インストラクターはお客様に自社商品の良さを伝えることが仕事なので、ITや自社商品についての知識が必要です。しかし、文系出身の私はITの知識がまるでなく、入社後は人一倍勉強が必要でした。慣れない分野の勉強に大変さを感じることもありましたが、今では、お客様から「購入して良かった」「わかりやすかったよ」と喜んでもらえるようになってきました。お客様の良い反応に直接触れると、勉強した分だけ知識が増えてお客様に幅広く伝えられるようになったことが実感でき、やりがいにつながっています。

また、展示会やイベントでは大勢の前に出て話すことが多いので、プレゼンテーションや話し方にも高いレベルが求められます。プレゼンテーションは、1人で行うこともあればペアで行うこともあり、何度も練習し、細部を確認しながら時間をかけて作り上げます。それだけに、成功したときはメンバーと喜びを分かちあえるところも、Skyのインストラクターならではの魅力だと思います。そしてなにより、ご覧いただいた方から良い感想が聞けたときは、大きな達成感が味わうことができて、「次回はもっとこうしよう!」と次への意欲につながります。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

実力主義の体制。お互いが高め合える環境

インストラクターは「伝えること」が仕事ですが、正解がわからなかったり、悩んだりすることもあります。そんなときは、周りの先輩や同僚に気軽に相談ができる風通しの良い雰囲気があります。でも、Skyは年功序列ではなく、自分の実力や頑張りが認められる会社なので、ただ仲が良いだけではありません。社員同士が切磋琢磨しながらお互いを高め合う雰囲気があるのも特長です。

Skyには「Skyスタイル」という文化があり、「Skyなう」というコミュニケーションツールや「社内ブログ」という社員専用のブログがあります。普段は、これらのツールを使って社員同士で情報交換や日常の連絡を行っていますが、ほかにも自身の対応の振り返りや学習内容、反省点など、日々の報告にも活用しています。目に見える形でリアルタイムに情報をやりとりしているので、周りのメンバーが頑張っている姿を身近に感じられて、自分にとっても大変励みになり、同時に良い刺激にもなっています。これらのツールをこれだけ使いこなせるのも、風通しが良いSkyならではの文化だと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、外出準備
  • 10:00ユーザー様先へ出発
  • 11:00新幹線内で昼食
  • 12:00移動中にメール・なうのチェック
  • 13:00ユーザー様先訪問(講習会)
  • 16:30講習会事後処理
  • 17:30業務終了
  • 17:40宿泊先へ移動
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

個人の意見を大切にするところ。認められることで、次の意欲につながります

個人を真っ向から否定せず、一人ひとりの意見を大切にするところが好きです。例えば、何か失敗をしてしまったときも、初めから「あなたのここがだめ」と否定するのではなく、「何で失敗をしたのか、次回はこうすれば改善できないか」といったように、次に向けて課題を整理しながら振り返ります。そのとき、私たち新入社員の意見にも耳を傾けてもらえるので、「もっとチームに貢献できるよう成長しよう」という気持ちで仕事に向かえます。

また、Skyは情報共有のスピードがとても速く、コミュニケーションが活発なので、「Skyなう」では1日に15万件ほどのつぶやきが投稿されます。入社当初は、会議中に流れるつぶやきのスピードについていけませんでしたが、慣れてくると自分に必要な情報が自然と目に入ってくるようになりました。詳しく知りたい情報は後からでも「Skyなう」で検索すると把握できるので、とても便利です。最近では、こうした社内ツールの強化やOA化が進み、より働きやすくなるよう改善されています。常に社員の意見を取り入れて、改善に生かしていく姿勢も素敵なところだと思います。