風通しの良さと実行スピードが
好働力の源泉だと思います

ENGINEER

2020年入社 自社パッケージ商品開発

現在の仕事内容と、そのやりがいを教えてください。

自社商品の大規模ユーザ向けシンクライアントシステム「SKYDIV Desktop Client」を開発しています。この商品はテレワークやネットワーク分離環境などで、安全かつ便利に業務を行うための仮想環境(シンクライアント)の運用管理をサポートするシステムです。

新機能の開発では、お客様のご要望に応えることはもちろん、使いやすさも考慮して仕様を検討し、設計から実装、検証までを実施しています。さらに、ほかの自社商品とも連携させて、より便利なサービスを提供できるように取り組んでいます。

最近は仕様検討や設計などの上流工程にチャレンジする機会が増えてきました。お客様のご要望に合わせて開発した機能をリリースした後、その機能を利用されたお客様から喜びの声をいただけたときは、仕事のやりがいを大いに実感できます。

業務を通じて、どのようなスキルが身についたと思いますか?

入社当初はITに関する深い知識やスキルを持ち合わせていませんでした。しかし、そんな私でも着実にスキルアップができる研修が用意されていて、今では自社商品の開発に携われるほどの知識やスキルが身につけられました。しかしIT業界は日々新しい技術や開発手法が登場するので、今でも勉強の毎日です。

もう一つは、開発業務に欠かせないチームメンバーとのコミュニケーション力です。自分自身で考えることも大切なことですが、ほかのメンバーと話すなかで見つかる最適解もあります。ですから私は、自分なりに考えて悩んでも答えにたどり着けないとき、気軽に周りのメンバーに相談するようにしています。入社以来ずっとそれを意識して行動してきたことで、着実にコミュニケーション力が身について、今ではチームメンバーからも高く評価してもらえるようになりました。

所属しているチームや仲間の雰囲気を教えてください。

とても活気があるチームです。自席で黙々と新機能の実装を進めるというよりも、ほかのチームメンバーと相談して一緒に考えながら、新機能に関する調査などを進めているイメージが強いです。そしてそのことが、何かトラブルが発生しても迅速な対応ができるチーム力を生み出しています。

私が困っていたときも、周りのメンバーが自分のことのように一緒に考えてくれ、すごく頼もしく感じたことを覚えています。こうした雰囲気があるからこそ、私も気軽にチームメンバーに相談できるようになったのだと思います。

また、休憩中に別チームの同期と世間話をしたり、まだ知識が浅い部分について相談したりしていて、日頃から食事に出掛けることもよくあります。チームの垣根を越えたコミュニケーションが多く、部署や立場を越えたチームワークの良さがSky株式会社の特色だと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、メールチェック、タスクの整理前日までの依頼や連絡事項を確認。自分が対応したタスクや未完了のタスクなどを整理します。
  • 9:15チームミーティング作業の進捗状況や連絡事項を確認して、チームメンバーが困っていることがないかを共有します。
  • 11:00設計・実装自分が担当する開発中の機能について、設計および実装を行います。
  • 11:45昼休み
  • 12:30画面仕様チームと認識合わせ画面仕様を決めるチームと認識合わせを行い、画面構成や使用感がより良いものになるように話し合います。
  • 13:00仕様検討機能の仕様を検討します。ユースケースやお客様のご要望を基に検討し、チームメンバーにも確認してもらいます。
  • 14:00設計・実装引き続き、開発中の機能について設計および実装を進めます。
  • 16:00動作確認・実装分のレビュー開発した成果物に対して、期待どおりの動作になっているかを確認します。
  • 17:15日報作成その日に対応したことを日報に記して、翌日のタスクを確認します。
  • 17:30退社
※ 毎週水曜日および第1、第3金曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

誰からも「好働力」が感じられるところです。Sky株式会社では「ES(従業員満足)があってこそのCS(顧客満足)」だと言われていますが、私もそのとおりだと思います。資格手当や研修、インセンティブ制度など、ES向上のための仕組みがたくさんあり、その考えが社内に浸透しているからこそ、普段から「好働力」を実感できるんだと思います。

また、レスポンスがとても速いことも大きな特長だと思います。私が入社したのは、新型コロナウイルス感染症が流行し始めた年でした。そのときもすぐにテレワークを導入し、次々に感染症対策が実施されました。その対応の速さにすごく驚いたのを今でも覚えています。社内ブログで意見を募って取り入れる風通しの良さと、それを実行するまでのスピード感が、働きやすさやESにつながり、「好働力」を生み出しているのだと思います。