しっかり研修制度が用意されていることも魅力の一つです

ENGINEER

2020年入社 自社パッケージ商品開発

Sky株式会社への入社理由を教えてください。

全員参加の意識で仕事に取り組んでいることに魅力を感じました

IT業界に興味を持ったきっかけは、自分でプログラミングに取り組んだことです。大学は文系だったのですが、興味本位でプログラミングについて勉強したところ、HTMLやCSSを使えば誰でもWebサイトを作ることができると知りました。そこで実際にプログラミングをやってみると、自分がイメージしていたとおりに動くようになり、その達成感が楽しかったのでIT業界に進もうと思いました。

その中でもSky株式会社を選んだ理由は、「ALL Sky」という文化に共感したことです。私は、一人で仕事をするのではなく、チームで協力しながら仕事を進めるような環境で働きたいと考えていました。企業研究や面接を通して、社員一人ひとりが全員参加の意識を持って仕事に取り組んでいることを知り、魅力を感じました。

実際に入社すると、社内SNS「Skyなう」や社内ブログといった社内ツールが整っており、それらを使ったコミュニケーションが活発で、同じチームだけではなく年次・部署を超えてやりとりがあり、まさに「ALL Sky」だなと思いました。一人で黙々と仕事をするのではなく、さまざまな方と関わりながら仕事をしたい人にはぴったりの環境だと思います。

現在行っている業務を教えてください。

自社パッケージ商品の新機能開発に携わっています

ICTソリューション事業部で自社パッケージ商品の「SKYMENU Cloud」の新機能開発に携わっています。

今までは児童・生徒が学習のために利用するソフトウェアでしたが、新機能の追加により保護者も利用できるようになりました。この機能の追加によって、保護者は先生からの連絡をスマートフォンで受け取ることができ、児童・生徒の欠席連絡もスマートフォンから簡単に行えるようになります。その中でも私は、実際に画面に表示されるUIの実装をはじめ、ボタンや文字の色・サイズなど目に見える部分のデザインを対応しています。

どんなUIにするかや、どんなデザインにするかなどの仕様は、UIチームや広報部のデザイナーが考えるため、ほかのチームと連携を取りながら進めていく必要があります。確認を怠って思い込みで進めてしまうと、仕様と異なり不具合の原因になってしまいます。そのため、積極的にコミュニケーションを取ることが大切になってきます。開発職のイメージでは、一人で仕事を進めるようなイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかし、実際は逆で、さまざまな方とコミュニケーションを取りながら仕事を進めています。

これまでに働く中でやりがいを感じたことを教えてください。

期待どおりにプログラムが動いたときにやりがいを感じます

やりがいを感じる瞬間は、期待どおりにプログラムが動いたときです。私は主にUIの実装やデザイン対応など、画面に表示され、ユーザーが直接目にするフロント側の部分に関わっています。そのため、少しでも実装にミスがあると不具合が目に見えてわかってしまいます。しかしその反面、ミスなく実装できて始めは何も表示されていなかった状態から、期待している画面が表示されると達成感があります。責任が大きいため、不具合のない高品質なものを提供できるように精進してまいります。

また、画面に何かを表示させるのは、フロント側だけで完結しているのではありません。ユーザー側からは見えないサーバー側と処理をつなぎ合わせたり、UIチームや広報部の方に仕様について確認を取ったりと、さまざまな方と連携を取ってでき上がります。一人だけでそのプログラムを作っているわけではありませんので、その分期待どおりの動作を確認できるとやりがいを感じます。

プログラムを作るのが好きな方、いろんな方を巻き込んでシステムを作るのが好きな方には、やりがいを感じられる環境だと思います。若いうちからどんどん挑戦させてもらえるので、そこもSky株式会社の良いところだと感じています。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:40出社コーヒーを飲みながらチームメンバーと雑談をしつつ、業務の準備をします。
  • 9:00始業、チームミーティングチームメンバーとその日の作業予定を共有し、取り組むべきことを共有してから作業を始めます。
  • 9:15開発業務担当箇所の設計や実装を進めます。わかりやすく、品質が高いものを作るという視点で取り組みます。
  • 11:45昼休み
  • 12:30コードレビュー実装箇所をチーム内でレビュー。仕様の反映漏れや不要な処理がないかなど、細かい部分まで確認します。
  • 13:30レビュー修正、開発業務レビューで指摘を受けた点を修正します。ブラッシュアップすることで、より良いシステムを目指します。
  • 16:30チームミーティングチームメンバーとその日の作業を振り返り、進捗状況を確認します。
  • 16:45開発業務その日の作業の中で、残っているタスクに取り組み、翌日の業務の整理をします。
  • 17:15日報作成
  • 17:30退社
※ 毎週水曜日および第1、第3金曜日は定時退社日

1年目と現在を比べて成長できた部分を教えてください。

手厚い研修により必要な知識やスキルを身につけられました

1年目と比べて技術的な面で成長できたと感じています。私は大学は文系で、入社するまでは自分でHTMLやCSSを勉強していた程度で、ほかの言語の基本的なコードの書き方やシステムの処理の流れがわかっていない部分が多い状態でした。しかし、入社後の全体研修と配属後の開発研修という合わせて約1年間の手厚い研修によって、開発に必要な知識やスキルを身につけることができました。

入社当時は、周りの方が優秀な方ばかりで、やっていけるのかという不安があったのですが、キャリアアップサポート部の方や新人育成担当のチューターの丁寧な指導により、入社当時に感じていた不安はなくなりました。研修が終わり業務が始まると、新しい言語(TypeScript)を触ることになり、最初はわからないことが多く苦戦もしました。しかし、研修でプログラミングの基礎をしっかり学ぶことができたので、わからないところも自分で解決できることが増えました。これは1年目に比べて成長できた部分だと思います。2年目になって、後輩に教える立場になりますので、頼りになる先輩を目指してこれからも頑張ります。

プログラミングをしっかり勉強したことがなく、うまくやっていけるか不安に思う方がいるかもしれません。
しかし、プログラミングの経験がなくても、研修制度や支援体制がしっかり用意されているので、安心できるということもSky株式会社の魅力の一つだと思います。

所属チームや、仲間の雰囲気を教えてください。

困ったことがあればすぐに相談できる雰囲気です

私が所属している「SKYMENU」チームはコミュニケーションが活発で、入社年次に関係なく困ったことがあればすぐに相談できるような雰囲気があります。私自身、技術的な部分でわからないことに直面する場面が多いのですが、皆さんすぐに相談に乗ってくださいます。「ALL Sky」という言葉があるように、チームで協力しながら仕事を進めることを大切にしています。

また、社内SNS「Skyなう」には「サンキューコイン」という感謝を伝える仕組みがあります。日頃お世話になっている方や、困ったときに助けてくれた方に「サンキューコイン」を送ることで、感謝の気持ちを伝えることができます。この仕組みはすごく良い仕組みだと思っています。「サンキューコイン」をもらえると、次もまた困っている方がいるとお手伝いしたくなるからです。特にテレワークが増えた現在では、なかなか直接感謝の気持ちを伝える機会が少ないので、便利なツールになっています。この仕組みこそ、「ALL Sky」の文化を強めている一つの要因になっていると感じます。

昨年からは新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークが増え、直接顔を合わせることが減りました。入社当初はどうなることか不安もありましたが、社内SNS「Skyなう」やWeb会議システムの活用もあって不便さを感じることはあまりありません。コロナ禍へのスピード感のある対応もSky株式会社の強みだと思います。