「仕事が好き」な人が集まれば、
最強のチームになれる

INSTRUCTOR

2018年入社 インストラクター

志望の動機と入社してからの印象は?

インストラクターの仕事は、私にとって天職だと感じました

大学時代にオープンキャンパスの運営スタッフとして活動しており、高校生に向けて大学の魅力やゼミの活動で学んだことなどをプレゼンテーションする機会が多くありました。あるとき、後輩から「先輩のプレゼンテーションを聞いて、この大学に入学したいと思ったんです」と声を掛けてもらいました。言葉で言い表せないほどうれしかったです。この経験から、自分が好きなものを発信し共感してもらえることの素晴らしさや、プレゼンテーションで相手の心を動かし行動を変えることの面白さを知りました。

就職活動を始めたときも、一番初めに頭をよぎったのがこの記憶でした。しかし「誰かに何かの魅力を伝える仕事」といっても漠然としていて、どんな仕事があるのかすぐには思いつきません。そこで、まず業界や職種にこだわらず、たくさんの仕事を知ることから始めようと考えました。

業界や職種にこだわらない分、就職先を選ぶ上での選択基準は明確に定めました。それは「社風が自分に合っていること」「魅力的な仕事に携われること」「仕事の中で人との関わりが持てること」の3つです。Sky株式会社に興味を持ったのは、この3つの中でも「魅力的な仕事」を見つけたことがきっかけでした。

それはインストラクターという仕事です。自社パッケージ商品の魅力をお客様に伝える仕事だと知り「私が探していたのはこれだ!」と確信しました。天職に出会えたかもしれないと、興奮したのを今でも忘れられません。Sky株式会社の掲げる「好働力」という言葉も、自分の中でしっくりきました。

会社のことを知れば知るほど、私の3つの基準を完璧に満たしていると感動を覚えました。「絶対にここで働きたい」という思いが日に日に強くなり、Webサイトに掲載されている先輩社員のインタビュー記事を夢中で読みました。好きな仕事に意欲的に取り組む活気が伝わってきて、生き生きと働く姿が本当に輝いて見えました。

晴れてSky株式会社の一員となった今、学生の頃に憧れていたこととのギャップを感じたことはまったくありません。「好働力」に満ちた先輩・後輩に囲まれて、明るい職場で日々楽しく働いています。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

「これは便利だね!」と、お客様のうれしそうな声が聞けたときは、私もうれしくなります

自社パッケージ商品の中でも、学習活動ソフトウェア「SKYMENU」シリーズを専門に、お客様にご紹介する仕事に携わっています。「SKYMENU」は学校で活用されるコンピュータ教室のPCや、タブレット端末に導入されているソフトウェアで、市場シェアNo.1を誇る主力商品の一つです。子どもたちの活動の様子を確認したり、手を止めて話を聞いてほしいときには画面をロックしたりといった先生のサポートをする機能や、子どもたちが画面を共有しながら学習活動する機能などが備わっています。

「SKYMENU」だけに限りませんが、Sky株式会社はただ商品を売るだけでなく、お客様によりご活用いただけるように講習会を開いています。この講習会で、先生方と一緒にPCやタブレット端末を操作しながら機能をご紹介したときに「これは便利だね!」「明日から使えそうです!」というお声を直接伺うことが、何よりの喜びです。また、長年ご愛用いただいている先生から「『SKYMENU』がないと困るよ」と言っていただけることを誇りに思います。

ほかにもSky株式会社のインストラクターは、「インストラクター」の枠にとどまりません。例えば、新商品発表会など会社が主催するイベントでMCやプレゼンテーターを務めたり、お客様先へ営業に同行して商品のデモンストレーションをしたり……。つまり「話をして伝えること」の専門職。IT企業のなかにこのような職種があるのはめずらしいと思います。どんな仕事でも共通して大切なのは「わかりやすく伝えること」です。そのために、毎朝の発声練習を始めとした「美しい話し方」の鍛錬をするのも楽しい時間です。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

それぞれが自分の得意分野で輝くことでこそ、良い仕事ができる

インストラクターは女性が多く、とても仲の良いチームです。そして先輩たちは、私が迷っているときにはどんなささいなことでも親身に相談に乗ってくれ、私の意思を尊重しながら解決のヒントを示してくれます。また、新しいことに挑戦したときや、それがうまくいったときには必ず褒めてくれます。このような環境だからこそ、いつも前向きに仕事に取り組むことができています。

助け合ったり褒め合ったり社員同士のつながりを大切にしているのは、チームの先輩たちに限ったことではありません。Sky株式会社にはチームや部署を越えて協力し合う体制ができていると感じます。私も講習会でお客様から技術的な質問をされて答えられないとき、社内の開発者に電話をかけて助けてもらうことがよくあります。そんなとき、私はいつもチームで働くことの魅力を感じています。誰もが自分の得意分野で輝き、補い合いながら良い仕事ができることこそ、仕事の醍醐味だと思います。また、同期も忘れてはならない大切な存在です。仕事でうまくいった話も失敗してしまった話も、何でも報告できてお互い高め合える貴重な仲間です。

このような社員同士の強固な関係が築かれている理由は、会社の考え方が大きく関わっていると思います。それは「ALL Sky」という言葉に象徴される「良いことも悪いこともすぐに共有し、どんなことも全員参加で解決していく」姿勢です。これはSky株式会社の最大の魅力だと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、発声練習
  • 9:20外出準備
  • 10:00お客様先での講習会のため、新幹線で移動
  • 11:00新幹線内で昼食
  • 12:00お客様先の最寄りの支社で、講習会準備
  • 14:00お客様先で講習会開始
  • 16:30講習会終了、事後処理
  • 17:30業務終了
  • 17:40宿泊先へ移動
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

「好働力」あふれる魅力的な社員が、一つのチームに

まず、一にも二にも一緒に働く皆さんが魅力的だということ! 個性を生かして楽しそうに働いている姿を見ているだけで、自然と「私も頑張ろう」という気持ちになります。本当に「好働力」にあふれる方ばかりで、常に良い影響を与えてくれます。

そしてそんな社員一人ひとりが協力し合うことで、より大きな力が生まれます。Sky株式会社には「Skyスタイル」や「太陽社風」など、社内で合言葉のように使われている言葉がいくつかあります。それぞれに使われるシーンは異なりますが、実はそのどれもが仲間とのつながりを重んじる言葉だと私は思っています。社内の情報共有ツールである「Skyなう」では、業務上のやりとり以外にたくさんの感謝の言葉や褒め合うポジティブな言葉が行き交っています。それをタイムライン上で見かけるたび、当事者でない私まで温かい気持ちになります。

Sky株式会社は社員数がどんどん増えていますが、これからも仲間との強い絆は変わらないと思います。それは、そのための努力を怠らないからです。例えば、全国の拠点をテレビ会議システムでつないで行う毎朝の朝礼や、社長が毎日今考えていることを発信している「社内ブログ」。そういった日々の取り組みを通して、全社員が心を一つにすることで、どんな会社にも負けない最強のチームになっていると思います。