「みんなの役に立ちたい」と、
自然に思えることがうれしいです

ENGINEER

2018年入社 業務系システム開発

志望の動機と入社してからの印象は?

みんなが、仕事を本気で楽しんでいる会社だと思います

大学で情報学を専攻していて、そのなかでプログラミングの楽しさを知りました。そして、ITが社会に与える影響の大きさや可能性に魅力を感じるようになり、IT業界に進みたいと考えるようになりました。

就職活動で訪問した多くのIT企業の中でも、Sky株式会社の社員の皆さんは、とても明るく、自分の仕事について生き生きと話している姿が印象的でした。私はもともと、一緒に働く仲間の雰囲気やコミュニケーションの取りやすさを重視して会社選びをしていて、「ぜひこんな人たちと、一緒に働きたい」と感じたことが決め手になり、入社を決意しました。Sky株式会社で働くようになった今も、就職活動のときに感じていたイメージとの違いはありません。

Sky株式会社は、「好働力」という採用テーマを掲げていますが、Sky株式会社で働く人は、まさにこの言葉どおりの人たちばかりです。みんなが、高い向上心とモチベーションで仕事に取り組んでいて、常に「何か一つでも改善できることはないか」「もっと良くするにはどうすればいいか」と考え、お互いに協力し合いながら、仕事を本気で楽しんでいます。今では私もその一人です。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

会話の中で課題や要望をつかみ、それを解決することで喜んでもらえるのがうれしいです

新入社員研修を終えて現場に配属されてから今まで、大手人材会社様に常駐し、Webサイトの修繕開発プロジェクトに携わっています。お客様から要件を伺い、工数見積もりから、設計、製造、テスト、リリースといったシステム開発における工程をひととおり担当しています。

お客様とのやり取りのなかで、顔を合わせて話すからこそ出てくる、具体的な要望や本質的な課題をつかみ、それらを解決することで、お客様に喜んでいただけるのがとてもうれしくて、高いモチベーションを保つことにもつながっています。

お客様と頻繁に話せることの大きなメリットは、業務を進める上での疑問や課題をスピーディに解決できるという点にあります。しかしそれは、その対応にもスピードと適切な判断が求められるということでもあり、決して甘い環境ではないですが、その分だけ自分の成長の手応えが感じられます。

特に、修繕開発は工数が少ない案件が多く、設計からリリースまでのサイクルを短いスパンで繰り返しています。開発の全工程を何度も経験し、その都度「振り返り」を行って改善を重ねてきたことが、自分のスキルアップにつながっていると思います。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

問題点をためらいなく相談できるから、安心して仕事に打ち込めるのだと思います

周りには「ALL Sky」という言葉を、体現している人がたくさんいます。私は、開発技術も業務に関する知識もまだまだ不足しているため、疑問に感じることや、どうすればいいかわからず困ってしまう場面も少なくありません。でも、そんなときには、担当が違うメンバーも親身になってアドバイスをくれますし、時には別プロジェクトに携わっている上司や先輩たちも、嫌な顔一つせず全力で助けてくれます。

それは、私に対してだけではなく、立場に関係なく、みんなが問題解決のために動いています。そのおかげで、安心して作業に取り組めますし、もし問題が発生してもためらいなく報告、相談することができます。これは、Sky株式会社の強みの一つだと思います。実は、プライベートなことも相談に乗ってもらい、解決してもらうなんてこともありました。

この環境に感謝しているからこそ、私もこの環境を大切にしたいと思います。私も、できる限り仲間を助けたいと思いますし、みんなの役に立ちたいと本気で思っています。最近、私がいる現場に開発新人メンバーが配属されて、その思いを叶える最大のチャンスが巡ってきました。私が先輩たちにしてもらったように、全力でサポートしていきたいと思います。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業
  • 9:30チームミーティング
  • 10:00開発業務
  • 12:00プロジェクト定例ミーティング
  • 13:00昼休憩
  • 14:00開発業務
  • 16:00要件確認ミーティング
  • 16:30開発業務
  • 17:45チームミーティング
  • 18:00退社
※ 水曜日は定時退社日(常駐先の就業規則に合わせて勤務)

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

立場も組織も越えて情報共有できるので、自然に頑張ろうと思えます

会社のビジョンや方針などの情報が、全社員にオープンにされているところです。Sky株式会社には「社内ブログ」という全社員が投稿、閲覧できるブログがあります。その中では社長や役員、グループ長といった幹部が、今感じている会社の強み・弱みや、目標達成のために取り組むべきことなどを毎日のように投稿していて、お客様の開発拠点に常駐していても会社のビジョンや方針が明確にインプットできます。そのことで、当たり前のように「自分は会社のために何ができるか」と考え、行動することができます。

また、「社内ブログ」には技術的な投稿も数多くあり、技術的な課題に直面したときにそれらの投稿を参考にしたり、今悩んでいる点を問いかけてアドバイスを受けたりすることもできます。そのほかにも「Skyなう」という、ツイッターのように単文でやり取りができるシステムがあります。全社員がこの仕組みを活用して、別の開発拠点で作業をしているメンバーともリアルタイムに情報交換を行っています。最近は、さまざまな機能が追加されていて、社内の各種申請も「Skyなう」で行えるようになり、スピードが増しています。

全社員が情報を共有し、目標が明確になっているからこそ、チームやグループという組織の枠を越えて社員が一丸となって働ける。そのことを「社内ブログ」や「Skyなう」を通じて再認識するたびに、仲間のため、会社のために、もっと頑張ろうと思えます。