「好働力」はイキイキと働きたい私に
ぴったりな言葉でした

INSTRUCTOR

2016年入社 インストラクター

志望の動機と入社してからの印象は?

伝えたいことを言葉や体を使って表現する「インストラクター」という仕事に興味を持ちました

子どものころから習っているバレエや、大学時代にツアーアテンダーのアルバイトをしていた経験から、伝えたいことを体や言葉で表現することの楽しさを学び、自分たちの商品の魅力を伝える「インストラクター」という職種に興味を持ちました。私は文系出身なので、はじめは就職先としてIT企業を視野に入れていませんでしたが、Skyは職種としてインストラクターを募集していたため、話を聞きたいと思い、説明会に参加しました。そして「好働力」というキャッチフレーズを知り、惹かれました。就職活動中は、「人生の大半を仕事に費やすのであれば、イキイキと前向きに仕事をしている人たちと一緒に働きたい!」と考えていた私にとって、「仕事が好き」という気持ちをシンプルに表現した「好働力」という言葉は心躍るものでした。面接などでお会いした社員の皆さんも、本当に「好働力」を体現している素敵な人たちばかりで、「ここで一緒に働きたい!」という気持ちになり、ITという自分にとって未知の分野で、Skyの社員として頑張っていくことに決めました。

入社後の印象は想像していたとおり、明るく温かい社員がたくさんいる風通しの良い会社だと感じていて、会社の選考過程で聞いていたSkyの文化を日々実感しながら仕事をしています。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

失敗のたびに経験を積むことは新たな気づきがあり、とても楽しいです

自社パッケージ商品の「SKYMENU Pro」と「SKYMENU Class」の専任インストラクターとして商品のご紹介をしています。

新商品の発表会でのプレゼンテーションや、導入前のお客様先での商品のご紹介といった業務もありますが、今のメインの業務は、商品を導入いただいている学校へ出向き、先生方に操作方法や活用事例を紹介する講習会の対応です。講習会では、ICT関連の機器の整備状況や、先生方がSkyの商品を活用されている頻度、授業でやりたいことなどをヒアリングしながら、その場で紹介する内容を都度組み立ててお伝えします。最初のころは、先生の前で話すことに緊張して、石のように固まってしまったり、先生からの質問が理解できず答えられなかったり、臨機応変な対応ができなくて落ち込むこともありました。しかし、失敗するたびに先輩方からアドバイスをもらい、知識を習得しながら経験を積んでいく過程は、気づきがたくさんあるのでとても楽しいです。

そして講習会後、先生に「わかりやすかったよ!」「今日教えてもらった機能を使って、こんな授業ができそう!」と前向きな感想をいただけたり、先輩方に「良くなったね」と褒められたときには、「頑張って良かった」とやりがいを感じます。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

助け合いの文化が根づいた明るく温かい職場です

Skyではチームワークを大切にしていて、「部署などの垣根なくみんなで頑張ろう!」というスタンスで仕事をしています。例えばインストラクターなら、営業の社員と一緒に学校へ行って商品のデモンストレーションをしたり、採用担当の社員とともに新卒フェアのプレゼンテーションを行ったり、講習会で商品のトラブルがあった際には技術部門の社員に状況を伝えて相談したり、さまざまな部署と連携しながら、業務に取り組んでいます。

また、所属するチームには明るく気さくで親切な方がとても多いです。インストラクターは女性が多い職種なので、職場の雰囲気を気にされる方もいるかもしれませんが、助け合いの文化が根づいた温かいチームなので、とても働きやすいです。新入社員への教育の面でも、教育担当の先輩がフォローしてくれるだけではなく、育成計画が周りにも共有されており、ほかの先輩も積極的に協力してくれます。

入社する前は、仕事に対する不安を感じることもあると思いますが、若手に期待されているのは、「失敗を恐れず新しいことにチャレンジしていく積極性」や、「一定のレベルで満足せず、日々改善を意識し突き進んでいくやる気」だと思います。Skyには、 そんな気持ちを持った新入社員をいつでも快く受け入れてくれる先輩たちがたくさんいるので、入社される方には安心して飛び込んできてもらいたいです。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:00始業、発声練習
  • 9:20講習会準備
  • 10:00外出
  • 11:00新幹線内で事務作業、昼休み
  • 13:00講習会事前準備
  • 14:00講習会
  • 16:00講習会事後処理
  • 17:00明日の準備、日報作成
  • 17:30宿泊先へ移動
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

みんなで助け合う「ALL Sky」や小さな変化を続ける「改善変更」の文化が魅力です

Skyを好きな1つ目の理由は、「ALL Sky」の文化です。Skyでは、テレビ会議で全国の支社をつないだ朝礼や、「社内ブログ」を通じて、社長の考えや会社の方針が全社員にも共有されているので一体感があります。また、会社としての判断を下す際に、ブログなどで社長が社員に意見を募り、良い意見を取り入れて判断していく衆知経営も、「ALL Sky」ならではだと思います。

また、Skyには「ALL」で助け合う文化があります。私は、ITに関する知識がほぼない状態で入社しましたが、自分のレベルに合わせて先輩方が丁寧に教えてくれたおかげで、講習会でも先生の前で自信を持って自社パッケージ商品を紹介できるようになりました。

困ったことやトラブルがあった場合にも、周りのメンバーがいち早くフォローしてくれる今の環境は、失敗を恐れず果敢に挑戦する気持ちを後押ししてくれるので、とてもありがたいです。

2つ目の理由は、「改善変更」の文化です。展示会など、自社パッケージ商品を数日間にわたって出展するような大きなイベントでは、改善すべき点があった場合、その日のうちに現地から会社に情報を共有して対応し、次の日には改善されます。インストラクターのプレゼンテーションについても対応は同じで、リハーサルはもちろん、本番の初日から最終日まで調整しながら改善を繰り返します。初日と最終日では、誰もがわかるような大きな変化があり、「改善変更」の文化を実感できます。このように最後まで妥協せず、全員で小さな変化を繰り返すSkyの社風を素晴らしく感じていますし、私自身も一緒に新しいことに挑戦し続けたいと思っています。