「仕事が好き・仲間が好き・会社が好き」
3つの好きを体現している会社です

SALES

2016年入社 法人向けソフトウェア開発プロジェクト受注営業

志望の動機と入社してからの印象は?

同じ目線になって指導してくれる上司や励まし合える同期に恵まれました

私が就職活動をする上で軸にしていたキーワードは、「人」でした。学生時代のアルバイトの経験から、「よい人間関係があってこそ、最高のパフォーマンス(結果)が生まれる」と思っていたからです。そんななか、「仕事が好き・仲間が好き・会社が好き」の「3つの好き」を掲げ、人とのつながりを大切にするSkyに出会いました。最初は単純に「キャッチーなフレーズだな」と思って興味を引かれただけでしたが、選考が進み、人事の方や先輩社員から話を伺っているうちに、「3つの好き」を本当に体現している会社だと感じるようになりました。そして、「Skyでは、若手でも努力次第で最前線で活躍できる」と伺ったことが、最終的な入社の決め手になりました。

入社後は、入社する前との大きなギャップを感じることはありませんでした。上からではなく、自分と同じ目線になってアドバイスをくれる上司や、お互いに近況を報告し合える同期に恵まれ、日々の業務に積極的に取り組めています。あらためて、Skyに入社できて本当によかったと思っています。

今携わっている仕事とそのやりがいは?

自分たちの提案がお客様に響いたとき、仕事が前進したときにやりがいを感じます

現在は、クライアント・システム開発事業部に所属していて、メーカーなどの企業様を訪問し、システムやソフトウェアの開発案件を受注するための営業を行っています。決められた商材を売るわけではなく、お客様が抱えている課題や状況を伺い、Skyとしてできることを提案するのが、事業部の営業スタイルです。お客様にしっかりとご提案をするためには、最新のIT事情を詳しく把握しておく必要があります。また、さまざまな企業、業種を訪問するため、訪問先企業の勉強も欠かさず行っています。

案件のなかには、企業の基盤システムや主力製品の開発など大きなものもありますが、そのような案件を受注するのは簡単なことではありません。ただその分、お客様とのアポイントが取れたときや、技術部門の社員と一緒に考えた提案内容がお客様に響いたとき、そして実際に案件が受注できたときなど、一つひとつ仕事が前進するたびにやりがいを感じています。

営業の仕事は、お客様先や社内のさまざまな部署と調整しながら提案を進める必要があり、なかなかうまくいかず大変なこともありますが、上司や技術部門の方が「受注するまでとことんつきあうよ」と声をかけてくれたときはとても心強く感じ、今でも心に残っています。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気は?

支え合い、お互いを高め合える同期入社の仲間がたくさんできました

入社後は、すべての業務を通じて、営業、技術、事務のメンバーが部署、職種に関係なく協力してくれる姿を目の当たりにして、Skyが掲げる「ALL Sky」の社風を強く実感しています。

また、私のチームには、業務中はしっかりと仕事をこなし、会社の式典など楽しむときは目いっぱい盛り上がる雰囲気があります。業務中と業務外の切り替えがしっかりしていて、メリハリがあり、働きやすい環境です。

そしてチームのメンバー以外にも、私には同期入社の仲間が全国に100名以上います。入社直後には、本社に全員が集まって、数か月間一緒に新入社員研修を受けました。この長い研修期間を通して、同期との間に絆が芽生え、かけがえのない仲間をたくさん作ることができました。今でも、仕事についてお互いに相談したり、業務のあとに集まって飲み歩いたりするなど、友好を深めながらお互い切磋琢磨できる最高の環境で仕事ができています。

SCHEDULEある日のスケジュール

  • 7:30出社
  • 9:00始業、テレアポ
  • 10:00顧客訪問(初回訪問・会社案内・ヒアリング)
  • 11:45昼休み
  • 13:00テレアポ
  • 15:00顧客訪問(案件進捗伺い)
  • 17:00見積作成
  • 18:00営業報告・日報作成
  • 18:30退社
※ 水曜日は定時退社日

Sky株式会社のどんなところが好きですか?

一生懸命頑張っている人を評価してくれる、認められたことで「また頑張ろう」と思える

一生懸命やっている人がきちんと評価される、そんな環境があるSkyが好きです。自分が懸命に動いた分だけ、仲間も全力で応えてくれますし、周りが認めてくれていると感じることで「また頑張ろう」という気持ちになり、次へのモチベーションにつながります。社員全員が同じ目標を目指して、足並みをそろえながら協力して仕事をしていることを、日々実感しています。

また、新しい業務や仕事の進め方など、自分が挑戦してみたいことがあるときに、周りが後押ししてくれる文化も社内にはあります。前例がないことや一見難しそうなことでも、自分がやってみたいことを提案すると、否定するのではなく「とにかくやってみよう」「フォローするから」と積極的に応援してくれます。一人の考えをみんなで認め合い、応援し合うことでやる気が高まり、さらに次々と意見が出てきて、それが結果的に会社の活性化につながっているのだと思います。