働きやすい環境をつくることに
貢献できるチームを目指します

STAFF

2015年入社 総務事務

働く場所は離れていても気持ちの距離は近い、まさに一つのチームです

現在、どんな部門に所属していますか?

新卒で入社して以来、東京本社の管理部総務課に所属しています。総務課では、電話や来客の応対をはじめ、社員の皆さんの勤怠・勤務表の管理、慶事・弔事への対応、社内の環境整備、異動手続き、入社受け入れ対応などを行います。それ以外に、年次業務として社員の方の健康診断の手配、会社行事である式典の準備・運営なども行います。対外的には会社の窓口となり、内部的には社員の皆さんの窓口として、幅広い業務を担う部署です。

総務課には、さまざまな部署で勤務している社員の方から問い合わせが寄せられるので、会社のルールをしっかり理解しておくことはもちろん、会社の動きについても最新の情報を把握しておくことが求められます。また、社員の大切な給与や個人情報を取り扱う仕事ですので、正確で丁寧な対応も求められます。働きやすい環境づくりのために、私たちにサポートできることがあれば、どんなことでも総務課の仕事だと思って取り組んでいます。

総務課は、北は札幌支社から南は沖縄支社まで全国の本社・支社に設置されていて、現在は50名を超えるメンバーが在籍しています。Sky株式会社は、情報共有ツールが充実しているので、電話やメールだけではなく「Skyなう(社内SNS)」やオフィスフロアで常時接続されているテレビ会議システムも活用して、離れた支社のメンバー同士がつながり、一つのチームとして仕事を進めています。物理的には離れていても、心理的には近い関係。それが、Sky株式会社の総務課の強みだと思います。

問い合わせに対応することが、新しく勉強する機会になりました

入社した頃のエピソードを教えてください。

入社した頃は、総務課が担当する業務の幅の広さに驚きました。社員の方からの問い合わせも、内容がさまざまで、的確に答えるための正確な知識が求められます。でも、新人の頃はすぐに回答できないことが多く、先輩に一つひとつ尋ねながら勉強する毎日でした。

初めは、「ちゃんと答えられているか」「わからないことを聞かれたらどうしよう」と不安な気持ちの方が強かったのですが、むしろ、問い合わせに対応することで新しく勉強する機会が増えているのだと感じるようになり、それからは進んで社員対応に取り組むようになったことを覚えています。

そうしているうちに、すぐに答えられることが少しずつ増え、「ありがとう」と言ってもらえることも増えました。それがとても嬉しくて、社員の皆さんの役に立てるよう「もっともっと勉強しよう!」というモチベーションにつながりました。

周りの先輩たちは幅広い知識を持っているだけではなく、社員の皆さんや総務課メンバーへの気配りが行き届いていて、相手の立場になって考えられる人が多いです。業務を改善する意識も高く、いつも「こうしたら、もっと良くなるんじゃないかな」という気づきを共有し合っていて、新人の私はその姿に憧れていました。

これまで、総務課のメンバーをはじめ、社員の皆さんに育てていただいたと強く実感していて、とても感謝しています。これからも、社内外を問わず、皆さんから信頼していただける総務課になれるよう、日々業務に取り組んでいきます。

今では、自分一人でできることも、あえて後輩と一緒に取り組んでいます

経験を積むことで、どんなスキルが身につきましたか?

一人で何かができるようになるということ以上に、周囲を巻き込んでチームで対応していくスキルが身についたと感じています。以前は、任された仕事は責任を持って一人で対応しなくてはいけないと考えていました。その頃は、一人で仕事を抱え込んでしまうところがあり、かえって視野が狭くなっていたかもしれません。

入社2年目になって自分にも後輩ができ、あるとき先輩に「もっと業務を周りに振って、“全体最適”に近づくように、みんなで取り組もう」と声をかけられて、ハッとしました。もちろん、一人ひとりが責任を持って対応することは大切です。しかし、業務はチームで進めるものなので、そのために「自分は何をすべきか」という視点だけではなく、「周りの人には、何をしてもらえばいいか」と、もっと視野を広げていくことも大事です。

先輩から指摘を受けたことで、「全員でステップアップするために、自分は何をすべきか」と考えるきっかけになりました。今では、自分一人で対応できることでも、あえて後輩メンバーと一緒に取り組んだり、私も上司や先輩の業務に携わって経験を増やしたりしています。

私が入社した頃に比べると、東京本社の総務課メンバーは倍増しました。大きな体制になり、分業が進むなかで、常に“全体最適”となるようにするには、どう行動していけばいいかを日々考えています。

CAREER PATHSキャリアパス

入社~2年目
管理部
新卒で事務職として入社し、管理部総務課に配属。社員の窓口として、幅広い役割を担う総務課の業務を一つずつ覚えていく。
3年目~4年目
管理部
新卒メンバーの育成担当(チューター)を経験する。また、総務課内で各チームが担当する業務に加わり、より深く業務を学ぶ。
現在:5年目
管理部
総務課に与えられている役割について、中堅メンバーとして、東京本社の総務課としての視点だけでなく、全社の総務課に目を向けて考えられるよう奮闘している。

課題を見つけて共有し、新しい「気づき」を生み出せるようになりたいです

今、身につけたい力はありますか?

課題を見つけて改善していく力、そして周りに発信していく力を身につけていきたいと思っています。

私自身、周りの人たちの「気づき」に毎日刺激を受けています。つい、今ある環境に慣れて、従来のやり方に満足してしまいそうになるものです。でも、ほんのわずかでも改善できることがないかと考えて、気づいたことを周りと共有すれば、またそこから+αの意見も加わって、より良い工夫へとつながります。Sky株式会社には、そうやって常に改善して向上させていこうという企業文化があります。

私自身も、もっと気持ちよく社員の皆さんが働けるようにするにはどうすればいいのか、もっとわかりやすく案内するにはどうすればいいのか、という「もっともっと」という視点を追求し続けて、仲間と協力しながら、小さな改善を積み重ねていきたいと思っています。

今まで以上に、課題を見つけていく力と発信していく力を身につけて、社員の皆さんにとって働きやすい環境をつくるサポートをしていきたいと思います。

チーム全体でスキルを伸ばし、働きやすい環境をつくることに貢献したいです

この先のキャリアビジョンを教えてください

私は、どんなことでも相手との信頼関係が最も大切だと思うので、入社当初から社員の皆さんや総務課メンバーから信頼される存在になりたいという思いを持ち続けています。そのために「相手の立場で物事を考えること」を日々の業務でも意識しています。総務の仕事は本当に幅広いので、私自身ももっと幅広い業務に対応できるよう勉強を重ね、自身のスキルを磨きつつ、それをチームメンバーに継承して、チーム全体で働きやすい環境づくりに貢献できる立場になっていきたいです。

※現在、事務職の制服は廃止しています