CROSS TALK同期座談会(入社3年目)

将来を期待される若手社員が今思うこと 責任も目標も、大きくなった3年間

  • 自社パッケージ商品開発エンジニア
    大阪勤務

    ICTソリューション事業部 開発部 開発課
    技師

    大学では、教育関係の研究室に所属。教育分野でのICT活用に興味を持ち、プログラミング未経験ながらIT業界に飛び込んだ。実は、茶道は教室を開けるほどの腕前。

  • 自社パッケージ商品営業
    名古屋勤務

    ICTソリューション事業部 営業部
    セールスリーダー

    教員免許を持ち「教育に携わる仕事」を条件に就職活動を行った。名古屋支社勤務で、東海地区の学校や教育委員会様に加え、民間企業のお客様も担当するオールラウンダーな営業。

  • インストラクター
    大阪勤務

    ICTソリューション事業部 システムサポート部
    リーダー

    学生時代にミュージカルの役者やイベントのナレーターをした経験から、人前で話す仕事を志す。大学では、菌類の研究をしていたというユニークな経歴の持ち主。

  • 業務系システム開発エンジニア
    東京勤務

    クライアント・システム開発事業部
    技術部 ビジネスソリューショングループ
    主任技師補

    専門学校でプログラミングを学び、IT業界を志望。その技術力は折り紙つきで、現在は業務系システム開発の現場で活躍中。休日は、同期とリアル脱出ゲームにいそしむ。

働いてみてわかった仕事のやりがい

普段まったく違う仕事をしてる同期と集まって話をするなんて、新人研修以来じゃない?みんな、最近の仕事はどう?

実は私、学生のときはIT業界にまったく興味がなかったんだけど、今は飽き性の私にぴったりな仕事だと思うんだよね。

へえ。僕はIT業界しか視野になかったから、どうして気持ちが変わったのか気になるな。

どれだけ勉強しても終わりがないから、飽きることがないでしょ。

わかる!私も最近は、学習活動ソフトウェア「SKYMENU」シリーズの新機能の開発に関わらせてもらえたんだ。会社も新しいことに挑戦するチャンスをくれてる気がするな。

「SKYMENU」シリーズと言えば、これからだんだんとWebブラウザに対応する機能を増やしていく予定でしょ?そうすると開発言語も変わってくるもんね。

インターネットにつながっていればどこでも使えるってことは、商品の売り方も変わるだろ?ビジネスモデルが大きく変わるタイミングに立ち会えるのは、営業としては怖くもあるけど楽しみの方が大きいかな。

やったことのないことほど、燃えるよね。僕は業務系システムの開発が仕事だから、お客様の要望に応えるためにいや応なく新しい知識が必要になる部分も大きいけど(笑)

その気持ちはよくわかるよ。私がインストラクター※1として担当しているクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」は、すごく機能が多いでしょ?お客様からの質問に最適な答えを出すには、商品のことを深く理解しておく必要があるから必死だよ。

お客様の要望の中には「無理かもしれない」と思うこともあるけど、それを自分なりの工夫でうまくクリアできたときの喜びも大きいよね。以前僕が所属していたチームが、お客様から感謝状をいただいたときは、誇らしかったな。

それはきっと、請負開発ならではのやりがいだね。

安心して。自社商品も、ちゃんと現場のお客様に感謝されてるから。営業でいろんな学校や教育委員会のお客様を訪問すると、本当にたくさんの人に商品を使ってもらえてるんだなぁと実感するんだ。

そうかあ。自分が作った機能が、現場でたくさん活躍してくれたらいいな。

※1 自社商品の講習会での講師や、イベントでの司会が仕事

先輩から教えてもらったことを次は後輩に伝えたい

求められる役割の変化

入社して3年もたつと、役割も変わるよね。プログラミング未経験でヒーヒー言ってた私が、今年は新人のサブチューター※2だよ。

うん。僕も今、4人チームのリーダーをしているけど、新人の頃とは得られる経験も能力もまったく違うよね。

私はこの1年、新人の育成にすごく苦労したの。自分もまだ3年しか働いてないのに、偉そうなんじゃないかって自己嫌悪に陥った時期もあって。

みんな一緒だよ。僕も新人と二人で担当している営業先があるんだけど、教えられることなんてあるのか悩んだもん。

教える方も何を教えようか悩んでるってことは、教える立場になってみて初めてわかることだよね。

そうだね。僕が一緒に働いている後輩は頻繁に「次は、何をしたら良いですか?」って聞いてくれるから、すごく助かってるよ。

今何に困っているのか、逆に何ができるのか言ってもらえると、状況がわかって安心するよね。

あとはやっぱり、先輩から教えてもらったことを伝えていくしかないんじゃないかな。物事の捉え方とか時間の使い方とか、自分のものになったことはちゃんと受け継いでいきたいと思うんだ。

みんなも試行錯誤してることがわかって、ちょっとほっとしたよ。今はまだ、自分や自分のチームのことを考えるだけで精いっぱいだけど、ゆくゆくはもっと全体を俯瞰できるマネジメント能力を身につけたいな。

マネジメント業務は僕たちにとって新しい挑戦だし、悩んだときはまたこうやって話そうよ。

※2 新人の指導係。メインチューターのほかサブチューターなど複数人でサポートする

※2020年1月に撮影されたものです

つらいこともあるけれどそれを超える喜びがあるから頑張れる

同期に明かす仕事への思い

励まし合える同期の存在って、やっぱりありがたいね。

うん。でもね、今だから言えることだけど、入社してすぐはプログラミング経験がある同期と比べて劣等感を持ってたこともあったんだよ。

そうだったの?全然そんな風に見えなかった。

あるとき吹っ切れて、何でも質問できる有能な同期がいるってありがたいじゃんって思えてからは変わったかな。

確かに、同期なら気軽に何でも聞けるし、愚痴だって言えるしね(笑)

僕にとっては、プライベートでもなくてはならない存在だよ。近々、同期5人くらいでスノーボードをしに行く予定なんだ。

業務で関わることはなかなかなくても、社内で名前を聞くだけでもうれしいよね。営業だと受注したときに会議で名前が挙がったりするでしょ。

そうだね。僕たち営業にとっては、会議で受注の報告をできるのはうれしい瞬間だよ。実は今年、入社してから2年半近く通い続けた自治体が「SKYMENU Class」を初めて採用してくれたんだ。難攻不落と言われていたお客様だったから、本当にうれしかったな。

それは、おめでとう!そういう喜びがあるから、たまにつらいことがあっても頑張れるんだよね。私も、プログラムがうまく動いたとき仕事の楽しさを感じるし、それが日々の原動力かな。

そうだね。私は学生のときはこの仕事にどんな面白さがあるのか、全然わかっていなかったなと思う。インストラクターとして「華々しいステージに立ちたい」という気持ちが大きかったけど、今は「もっと商品の良さを伝えたい」と心から思えるの。

学生や新人のときとは、目標も変わっていくよね。例えば僕は、プログラミングが好きでそれを仕事にできるだけで幸せだと思ってた。でも今は、尊敬している先輩のように核心をつく発言力や、周りからの信頼を身につけていきたいとも思うんだ。

私は逆に、学生時代の頃から変わらない夢があるよ。大学で教育関係の研究室にいたから、いつかは自分の開発した「SKYMENU Class」を恩師に見てもらって、できたら一緒に仕事もしたいってこと。

それはいいね!僕も「教育分野で、社会に貢献したい」という学生の頃の気持ちが、仕事をしてみて一層強くなったよ。

今日はみんなの活躍や目標も知れて、すごく刺激になったよ。ありがとう。みんな、自分の夢がかなうように、これからも頑張ろうね。

※役職・所属等は取材当時のものです